恋愛
萩中ユウの幸せな結婚のつかみ方
26.Jan.2020

萩中ユウ「これってもう潮時?恋の終わらせどき」【幸せな結婚のつかみ方 第3回】

「受講して4ヵ月で結婚が決まる」 「生まれて初めて彼氏ができた」 など、幅広い層から口コミが広がり大人気の講座を主催している萩中ユウさん。
そんなユウさんに、男性から溺愛されるための心得を学ぶ人気連載が形式新たにスタート。2020年からは、最近結婚について真剣に考え出した編集with子が入塾! 
甘えられて、楽しくて、パートナーから溺愛される、そんな女性になることをwith子と一緒に目指しませんか?

結婚について考えられなくて、悩む彼氏

ユウ こんばんは。今日もwith子さんと幸せな結婚のつかみ方についてお話していきたいと思います。萩中ユウです。

with子 こんばんは。この連載が始まってからというもの、「自分の気持ちに素直になる」が座右の銘になりました、編集with子です。
まだまだ特訓中ですが……(泣)。
早速ですが、今日はユウさんとお話したいお題があります!
最近友人が、彼に突然「1年半付き合ったけれど、まだ自分は結婚について考えられていないし、もしかしたら結婚願望がそもそもないのかもしれない」と言われたそうなんです。
彼女は、「彼が最高の相手だと思っているけど、もしこの先2~3年と付き合って、それでも彼が結婚を考えられないんだとしたら、もう今すぐお別れしたほうがいいのかな」と、悩んでいました。
すごく仲のいいカップルだったので、私は「いずれ結婚するんだろう」と思っていたんですが、やっぱりそんな簡単じゃないんだなと、彼女の話を聞いていて思いました……。

ユウ 彼が「結婚を決めきれない」状態なのですね。こういったケース自体はよくあることで、嘆き悲しむ必要はありません。
人は、未知なものを恐れる生き物です。彼にとって「結婚」は未知なもので、「今の自分の生活から変わっちゃうかもしれない」「今の二人の関係から変わっちゃうかもしれない」と、不安を抱いているのでしょう。
そんな彼には、結婚は「二人が一緒に居続けるための方法の一つ」に過ぎなくて、今の最高な関係は結婚後もなにも変わらないのだということをわからせてあげましょう。
ライフステージが変わることでの不安は男性だって同じです。結婚相手に「選ばれる」女性を目指すのではなく、結婚を「選ばせてあげられる」彼女でいる姿勢が大切です。

with子 友人は彼に、「それって私と別れたいということなの?」と聞いたそうなんです。すると彼は、「すごく好きだから別れたくはない」。
けれど、彼女の年齢を考えると、「結婚が考えられないのに付き合い続けるべきなのか?」が、彼にもわからない状態なんだそうです。

ユウ なるほど。彼は、「結婚」と「彼女との関係」を切り離して考えてしまっているのですね。
結婚がしたいかどうかというよりも、シンプルに「彼女と一緒にいたいかどうか」で判断すればいいはずなのに。
今、そんな心境でも彼が悩んでいるということは、二人の関係自体は本当に良好な証。
それなのに数年後になっても結婚を決められる自信がない、と思うのは、「ある日、急に自分の気持ちが大きく変わって、結婚を選びたくなるものなのか?」と、結婚の決め手が「突然の心境の変化」だけだと、思い込んでしまっているから。
本来、男性の結婚の決め手は、「自分の彼女を喜ばせたいから」その一択で良いはずなんです。
自分が結婚したいか、したくないかではなく、「彼女がしたいと言っているんだったらしよう」で、良くないですか?と私は思います。
次のページ>>男性の結婚のきっかけは「彼女がしたいと言ったから」
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ