恋愛・結婚
萩中ユウの「わたしの愛させ方」

萩中ユウ「離婚を機に承認欲求が爆発した私、どう発散すればいい?」【第17回】

自分が自分を認めていないのに、誰かに認めてもらうのは難しい

そもそも承認欲求というのは、その矛先が全て「外」に向いている状態です。“何”を認められたいのかも分からないまま、とにかく“誰か”に認められたいと思う気持ち。自分の自信の無さを、自分ではない誰かに埋めてもらおうとすれば、苦しくなるのは当然です。だって、肝心の自分が自分のことを認めてあげられていないのだから。離婚は悪いこと、私は失敗した、と知らず知らずのうちに自分を否定してしまっている状態なのです。

まずは、自分で自分を認めてあげましょう。受け入れて、褒めてあげてください。人はみんな、自分のことで精いっぱい。自分以外の人を幸せにしたり、褒めてあげるための時間なんて、そうそう割けるものではありません。だからこそまずは自分が自分を認めてあげて、自分で自分を満たしてあげたらいいのです。

何より、「私は私のことが好きじゃないけど、あなたは私を好きでいて!」というのは無理な話です。以前にもお話ししたことがありますが、人って、自分が扱っているようにしか自分のことを扱ってくれないもの。自分のことをすごく大切にしていたら、周りも「この人は大切に扱わなくてはいけない人だ」と思うけれど、「私なんてダメだ」と思っていたら、周りからも雑な扱われ方をしてしまいます。だから、“自信のない私を好きになってくれる人”を見つけようとしないこと。

きっと相談者さんが認めてもらいたいのは、他の誰でもない、自分自身だと思います。その本心に気付いてあげましょう。
次のページ>>失敗だったと思っている出来事にプラスの意味づけをしていく  
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ