恋愛・結婚
萩中ユウの「わたしの愛させ方」

萩中ユウ「休んでいい。失恋で無気力になった時に自分を追い込まないために持つべき意識」【第19回】

「ついに彼氏ができた!」「彼との関係が一変した!」と参加者の恋愛観を大きく変える大人気の講座を主宰する、愛妻コンサルタント・萩中ユウさんの連載。ユウさんに「わたしの愛させ方」の極意を学びます!

今は、一つの別れがコロナ疲れを噴出させやすい時期

こんばんは。萩中ユウです。
昨今はコロナ疲れもあって、恋が上手くいかなくなったとき、一気にメンタルの調子を崩してしまう人も少なくないようです。今回は、そんな失恋時の心の持ちよう、前を向くきっかけの掴み方などお話したいと思います。

<お悩み>
昨年、学生時代から付き合っていた彼と別れました。突然音信不通になり、数ヵ月後、「今、彼女がいるからもう連絡はとれません」と。結婚も考えていた彼だけに、なかなか立ち直れません。職場は女性ばかりで出会いもないうえ、コロナ禍で友達にも会えず、新しい出会いや交友関係が全くありません。地元から離れて都会で一人暮らしている意味が分からなくなります。将来が不安でたまらず、何か動かなければと思うのですが、一歩踏み出す勇気が持てず困っています。(26歳・会社員)



昨年お別れした、ということは、けっこうな月日が経過していますよね。失恋はもちろん、長い間心を痛めたり自暴自棄になり続けるのって、体力も気力も消耗します。相談者さんは今、「傷つくことを継続している」状態です。
次のページ>>休むことは、「進んでいない」ということではありません  
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ