編集部|恋愛
25.Jun.2020

【性のかけ込みQ&A】日本産科婦人科学会専門医がお答え!

気になるコトがあってもなかなか気軽に相談できなかったり、病院に行くのも躊躇してしまったりする性のお悩み。今回は日本産科婦人科学会専門医の福山先生にQ&A形式でお答えいただきました。

【性のかけ込みQ&A】正しく学んで、楽しくSEX

答えてくれたのは

アヴェニューウィメンズクリニック 院長
福山千代子さん

金沢医科大卒、日本産科婦人科学会専門医。六本木にある女性スタッフのみの婦人科クリニック「アヴェニューウィメンズクリニック」の院長として女性の美と健康をサポート。

Q お風呂でしっかり洗っているのに、デリケートゾーンがニオイます

「細菌性膣炎」の可能性あり。洗い方を見直して

シャワーや指、ビデで膣の奥まで洗っていませんか? 中まで洗いすぎると膣の自浄作用が変化してしまいます。洗うのは外陰部に留め、気になるようなら婦人科で診察を。

Q 生理中、お風呂場でならSEXしても大丈夫ですか?

血液が逆流してキケン!不妊の原因にも

生理中のSEXは女性の体にとって危険を伴います。性行為によって卵管から血液が腹腔内に逆流してしまうため、子宮内膜症などの病気を引き起こす可能性も! 将来、不妊の原因になる可能性もあるので生理中は控えて。

Q SEXのあと、不正出血が何日か続いています

性病や子宮頸がんのサインかも。すぐに婦人科で受診を!

子宮頸がんなど命にかかわる病気の可能性もあるので、放置せずにすぐに婦人科を受診しましょう。クラミジア、ホルモンバランスの異常で起こる機能性子宮出血、子宮頸管ポリープなど診察で原因がわかることも多いです。

Q コンドームをしていれば避妊も性病対策も大丈夫?

ピルとコンドームの両方使いがおすすめ

梅毒、コンジローマやヘルペスなど、コンドームだけでは対策不十分な性病もあります。また、避妊率は85%くらいなので女性主体で避妊ができるピルとの併用がおすすめ。

Q まだ若いので、婦人科検診は必要ないですよね?

将来のリスクを減らすためにも、パートナーが変わるたびに受診しましょう

若くても必要です。クラミジアなど無症状の性病を放置すると、将来不妊になる場合もあります。子宮頸がん、超音波による子宮筋腫や卵巣の検査も定期的にしておきましょう。

↓みんなの初体験エピソードやベッドの事件簿、赤裸々お悩みも!

取材・文/上岡史奈 イラスト/八重樫王明 構成/森谷香菜 ※再構成 with online編集部
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ