編集部|恋愛
18.Aug.2016

女性のオーガズムの感じ方は年齢とともに変化する!? 女性のオーガズムにとって大切なことは?

現状のセックスに満足していますか? 性知識の間違ったものを思い込みで信じるのではなく、安全で正しい知識をマスターしてこそ、本当に気持ちいいセックスを楽しむことができます!

■女性のオーガズム編■

Picture Press/アフロ


Q.一回のセックスで、何度もイケる人がうらやましいです。

A.オーガズムは「深い一回」があればいい

〝女性のオーガズムには、実にさまざまタイプがあり、汲めども尽きぬものがあります。(中略)だた一回であろうと、オーガズムの深度が深く、完全な満足が得られればよいのです〟(増田豐・新宿東京医院院長 婦人倶楽部 1970年7月号「ほんとうの愛の極致を得る 夫婦の医学」より」

 射精をする男性と違って、女性の場合、1回のセックスで起こるオーガズムは必ずしも1回とはかぎりません。ただ、増田氏の言葉のように、大切なのは、回数ではなく、満足感です。同じ人でも、そのときによって、まったく違ったタイプのオーガズムが現れることも少なくありません。どちらかというと、若い女性は、小さめのオーガズムが一定期間、何度も何度も続いたり、同じくらいの大きさのオーガズムの波が2~3回繰り返したりするタイプが多いようです。それに対し、年を重ね、性感覚が円熟してきた女性は、オーガズムは1回しか起こらないものの、快感が強く、長くなるタイプに移行しやすくなります。

小さな悩みから、凄技テクまでセックスのあれこれを解決してくれる電子書籍『完全マニュアル セックスの間違い 100答』が登場です! 本書は30年前の「婦人倶楽部」から「Hot Dog Press」「with」「ViVi」、一世を風靡したアダム徳永氏の著書まで講談社30年の雑誌・書籍を引用しつつ最も役に立つセックス本。オリジナル電子書籍で、絶賛配信中です。


誰にも聞けない悩みを誰にも知られず読んで解決!
『完全マニュアル セックスの間違い100答』

講談社編・監修/池下育子(いけした女性クリニック銀座院長)

Amazonや楽天kobo、紀伊国屋書店などで好評配信中!

BOOK倶楽部:http://news.kodansha.co.jp/20160701_b02/

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ