編集部|恋愛
01.Aug.2019

社会人が出会いを見つける場所って? 社会人のための恋活術【アプリ、サークル、街コンなど】

社会人になると、仕事の時間が長くなったり、出会いが限られてしまうことから、男女の出会いが少なくなってしまいがち。そのため、出会いを増やすためには積極的に行動して、出会いの機会を増やしていく必要があります。

そこで今回は、社会人になってから出会いを増やす方法についてご紹介します。「出会いがない……」と嘆いている人はぜひ参考にしてくださいね♡

【目次】

1. 社会人は出会いがない? そう思う理由は?

pattern_1
「友だちはどんどん結婚していくけど、なかなかいい人がいない。結婚したいのにどうしよう…」と、出会いのなさを嘆く社会人女性は多いもの。

では、なぜ彼女たちは出会いがないと思うのでしょうか? 果たして、本当に出会いがないのでしょうか? そこでまずは、出会いがないと思う理由について紹介します。

出会いがないと感じる理由

実は、女性たちの周囲には職場の仲間がいたり、友達の紹介があったりするなど、必ずしも出会いがないわけではないのです。ただ、「いい人がいない」から出会いがないといっているだけというケースが大半です。では、出会いがないと感じる具体的な理由について紹介します。
・同世代の男性が職場に少ないから
職場に年齢が近い男性がいないと、なかなか恋愛に発展しないもの。とくに女性が多い職場に勤めていると、同世代の男性と出会う率がぐっと減るため、出会いが少なくなります。また女性が多い職場だと、独り身の同性で集まって遊んでしまうケースも多く、同じコミュニティから抜け出せないなんてケースもしばしば。休日は、なるべく外出するようにして出会いを増やすキッカケをつくることが大切です。

・仕事が忙しい
近年は、男性と同じくらいの働き量を女性に求める会社も増えています。残業が多くなれば、恋活に時間を設けられなくなることでしょう。

激務の仕事をしている人の場合、休日は疲れて寝ている人も多いようです。社会人生活を続けていくと、だんだん生活リズムが固定化されてしまうため、新しい出会いやコミュニティを増やす時間も減ってしまいます。会社と家の往復で精一杯になってしまうと、恋活どころではなくなってしまうため彼氏ができにくくなります。

・友だちが増えない
社会人になるとほとんど会社と家の往復になるため、新しい友だちができにくくなります。そもそも出会いとは、同性の紹介から来ることも。しかし、同性の友だちすら作れなければ、出会いのチャンスは少なくなることでしょう。

さらにある程度の年齢になると、周囲が結婚していくことが多くなっていきます。遊ぶ友だちも限られるため、自ら行動しなければ出会いを増やすことができません。出会いの場は、社会人サークル、習い事、街コン、婚活パーティーなど探せばいくらでもあるはずです。面倒くさがらずに、動ける限り動きましょう。
次のページ>>「2. 社会人が恋人を見つけた出会いの場【きっかけ】」  
66 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ