恋愛・結婚
35歳からの大人婚活 幸せを掴む女のルール

Vol.3「恋愛がしたい」のか「結婚がしたい」のか、心を決める

結婚のスタイルが多様化する今、人と比べたり、固定観念に縛られたりする必要なんてナシ! 数々の晩婚カップルや恋愛の形を取材して来たライターが教える、35歳からの大人婚活で自分らしい幸せな結婚を掴むための、必勝ルールズ。

「ときめく人に出会えない」

婚活している人のお悩みでよく聞くのが、「ときめく人に出会えない」というもの。でも、ちょっと待って。もしあなたが35歳以上で婚活していて同じようなことで悩んでいるのなら、まずは自分自身にこう尋ねることが重要です。

あなたは結婚に、何を望んでる? ときめくような恋愛感情? それとも、精神的、経済的に安定した生活?

ときめきなどのフィーリング重視なのか、それとも堅実に条件重視でいくのか。つまり、恋愛の先に結婚があるような「恋」を求めるのか、それとも結婚に結びつかないような恋には一切用がないのか、それを明確にしておくこと。

この基本的な「結婚の目的」の棚卸しが充分にできていないと、婚活していても「芯」がブレて迷走することになりがち。

迷走しがちな人のほとんどは、本来はフィーリング重視で人を好きになる「右脳派」タイプなのに恋愛と結婚を別物だと意識しすぎた結果→無理やり条件のみで人を好きになろうとして苦戦した挙句→「やっぱり婚活、向いてない〜〜〜(涙)!」と撃沈、というパターンを辿っています。
「アラフォーにもなってときめきを求めてたら結婚できないんじゃないか」と悩む人も多いのですが、それは間違い。婚活でスピード成婚していく人たちというのは、自分が望むものをきちんと把握しているからこそ、出会う男性の「アリ/ナシ」を瞬時で見定められて、動きにブレや無駄がない。

婚活に必要なのは、よく言われる「縁」とか「運」とかふんわりした要素ではなくて、むしろ自分に合った人を選ぶ「決断力」なんです。自分の棚卸しができていない人は、いざとなっても「選べない」から、「決められない」。
 
次のページ>>好きな相手ならば許せる?
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ