withonlineロゴ
35歳からの大人婚活 幸せを掴む女のルール

35歳からの大人婚活で、譲ってはいけない5つの条件

人間関係
結婚のスタイルが多様化する今、人と比べたり、固定観念に縛られたりする必要なんてナシ! 数々の晩婚カップルや恋愛の形を取材して来たライターが教える、35歳からの大人婚活で自分らしい幸せな結婚を掴むための、必勝ルールズ。快適な共働き夫婦になるためのTIPSが満載。
 
結婚相手にどんな条件を求めるかは人それぞれ。その人の結婚観によるので、何を優先させるかということにルールはありません。だけど成熟した大人同士が家族になるからこそ、絶対に譲らない方がいい条件というものもあります。

その条件とは、以下の5つ。

1.居心地の良さ
2.大事なことをきちんと話し合える
3.「快」が「不快」を上回ること
4.いいチームを組めそうか
5.人として信用できる

居心地の良さ

これは何よりも重要なこと。毎日一緒に生活するには、相手といて心から安らげるという条件に勝るものはないと、私は思います。家庭がホッとできる場である幸せは、ミドサーにとって何にも変え難いもの。仕事から帰ってパートナーの顔を見るだけで癒されるなんて、最高の贅沢ではないですか。素の自分を安心して出せる、居心地の良さ。その相手と居てそれが感じられるかどうかをチェックしてみてください。

大事なことをきちんと話し合える

結婚生活においては、上辺だけの楽しいおしゃべりが続くより、大事なことを必要なときに話し合える相手であるかどうかが大切。特に男性は話し合いをめんどくさがる人も多く、交際中は会話が弾んで楽しい人だと思っていたのに、いざ生活が始まってみると人生に関わる大事な話し合いができなくて唖然とする、というケースも良く聞きます。

家事のこと、お金のこと、子供のことなど、結婚すると細かいことから大きなことまで、様々な決断をする場面が次々に出てきます。このときにきちんと話し合って決められるかどうか。これができないと、試練や障害を一緒に乗り越えることができずに不満が募るばかり。話し合いの中でお互いの意見を冷静に伝え、必要なら譲り合ったりして着地点を決められる相手が理想。

ただ、デートしているだけの関係性ではこれを見極めるのは難しい。試しに一緒に日帰りでもいいので旅行のプランなどを立ててみると、話し合いの相性がわかるかも。

「快」が「不快」を上回ること

人間には誰しも長所と欠点があり、欠点がない人など存在しません。そしてミドサー以上ともなると、お互い癖が強い(笑)。気になる部分があって当然。だけどその相手と居て「快」の感覚が「不快」を上回るなら、あなたにとっていいお相手と言えます。

ちょっと変わってるけど、一緒に居ると何だか楽しい、落ち着く。そういう感覚を大事にしてみてください。
次のページ>>いいチームを組めそうか
 
26 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS