恋愛・人間関係
35歳からの大人婚活 幸せを掴む女のルール

35歳以上の大人婚活は「自分で稼ぐ」人が強い!

結婚のスタイルが多様化する今、人と比べたり、固定観念に縛られたりする必要なんてナシ! 数々の晩婚カップルや恋愛の形を取材してきたライターが教える、35歳からの大人婚活で自分らしい幸せな結婚を掴むための必勝ルールズ。

大人婚活で経済的自立が求められる理由とは

35歳以上で婚活がなかなか上手く行かないという女性。もしかしたら、年収を自分以上に稼いでいる人がいいとか年収000万以上ないと、って未だに相手の経済力を重視しちゃっていませんか?

だけどミドサー以上の婚活なら、相手に経済力を求めるより先に自分で稼いだ方が早い。今まで取材したカップルや周りの女性を見ていると、この思考転換ができた人から順に結婚している気がします。
中には「私は働くのが嫌だから婚活してるんです」という方も居るかもしれません。はっきり言いますが、そんな風に経済的に依存する結婚を求めているアラフォー女性は、同世代の婚活男性からは需要がないと思った方がいいです。同世代であればあるほど、同じように経済的自立をしている女性を好む傾向がありますから。

まず、結婚相手の経済力を重視しているのになかなか成婚できない、という場合、

A.なんだかんだ言って経済力以外に恋愛のときめきまで求めていて高望みしすぎ、
B.そもそも望むようないわゆる「ハイスペ」男性と出会うようなステージに立てていない


このどちらかの可能性が大きい。そしてAの場合もBの場合も、自分が稼げば解決できる問題なんですよね。
Aのケースならば経済力のみを望むのかときめき要素を重視するのかはっきりさせる。その上で、ときめきを重視すると決めたならばお相手の経済力に期待するのはやめて、「自分の生活費は自分で稼ぐ」スタイルでよしとする。

Bのケースなら、収入や職業も含めて、ハイスペ男性と出会える、もしくは選ばれるくらいのレベルまで自分を高めるしかないです。35歳Overの今までハイスペ男性と付き合ったことがないのに「婚活でならいつか会えるし自分が選ばれる」と思っているのならそれは無謀すぎ。婚活でこそ、お互いの条件が同レベルの者同士でないとマッチングすら叶いません。こっちが条件で相手を選ぶように、男性もまたこちらを(容姿を含む)条件で選ぶのが婚活なのですから。

ミドサー以上でそのような高収入でステイタスある男性が選ぶのは、同じように高収入かステイタスある肩書きの持ち主、もしくは実家が裕福か美女のみ。また同世代であればあるほど、同じように経済的自立をしている女性を好む傾向があります。

身もフタもないアドバイスだ? いやいや、そんなことないですよ。私の知っているアラフォー以上で成婚した女性たちは、これらを実践した人たちばかり。現実的に考えたときに、いつ出会うかわからない、理想のタイプに高収入を兼ね備えた男性を待ち続けるよりも、自分の優先順位を変えた方が早いと彼女たちは気づいたのだと思います。「自分が稼げばいい」という考えになると、相手の選択肢はかなり広がりますよね。ほかにも起業したりマンションを購入したりした直後に結婚相手に出会った女性は多いのですが、これも「今後の人生を経済的に自立して生きて行く」という覚悟が決まったことが大きいのではないかしら。
次のページ>>30代半ばからは男女ともに、人生後半も見据えた「生活力」が重視される?
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ