恋愛・結婚
35歳からの大人婚活 幸せを掴む女のルール

35歳以上からの大人婚活は加点方式だと上手くいく!

結婚のスタイルが多様化する今、人と比べたり、固定観念に縛られたりする必要なんてナシ! 数々の晩婚カップルや恋愛の形を取材してきたライターが教える、35歳からの大人婚活で自分らしい幸せな結婚を掴むための必勝ルールズ。

婚活が減点方式になりやすい理由

婚活で上手くいきやすい人の特徴のひとつに、「加点方式で人を好きになれる」というものがあります。人の「いいな」と思える長所をどんどんみつけていけるのが「加点方式」タイプ。
よく「婚活で好きな人になかなか出会えない」という声を聞きますが、それは婚活というシステム自体、最初の印象がMAXで期待値が高く、あとからがっかりするという「減点方式」になりやすいから。アプリや結婚相談所は最初に相手のプロフィールを見て条件ありきで選ぶので、会う前から相手に勝手な期待を抱きがち。通常の出会いならばいちいち相手に期待などせずフラットに見られるのに、「結婚相手候補」と意識すると、「結婚相手としての不都合はないか」と欠点を探してしまうところがありますよね。

要するに、期待しすぎるからあとから幻滅しやすくなるのです。これに対し、加点方式タイプは相手への間口が広めで、たとえプロフィールや第一印象がそこまでよくなくても、会っているときに相手の長所を見ようとします。自分のいいところを見てくれる相手って嬉しいし、こちらも心を開きやすくなるもの。逆に、自分がもし常に採点するように品定めされたとしら、いい気分はしないでしょう?

そう考えれば、加点方式タイプの人の婚活が上手く行きやすいのは当然のこと。どんな人だって長所と欠点を併せ持っているものですが、加点方式の人は「相手を受け入れよう」という姿勢があるため、相手が自分の「素」を出しやすい空気感が生まれる。結果的に、相手の本質や自分との相性を判断しやすくなるというメリットもあるのです。それでなくても恋愛に奥手な人が集まりやすい35歳以上の婚活では、デートでも身構えてしまい、素を出せない人は多い。そんな中、自然体で接してもジャッジされない相手が居たら、ホッとすると思いませんか?
次のページ>>結婚相手として「安心感」が抱ける相手というのは・・・
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ