編集部|恋愛
18.Dec.2016

【膣の深さ】イッたことがないけど、どうしたらいい? キレイになるオーガズム体験!

未経験者にとっては、憧れの世界!? 女性の体を熟知した池下育子先生に、大好きな彼とのSEXで‟絶頂”を迎えるコツを教わりました!

オーガズムは"彼"と一緒に得るもの
「一般的に、膣の入り口から3分の1あたりが0・8秒に1回の間隔で収縮を繰り返す現象です」 と、まずはオーガズムとは?の疑問に答えてくれた産婦人科医の池下育子先生。未経験者にはピンと こないけど......どうすればイケるの? 「これから紹介するような知識やテクニックを知る一方で、普段から彼にうまく本音を伝えることが大切です。SEXで最高の快楽を得ている女性からハッピーオーラが出ているのは、相手と最高の信頼関係が築けているからなんですよ」


ORGASM EXPERIENCE : 01
隠れた性感帯を探せ! 膣内でイク

王道のGスポットは自分でも発掘しやすい
“”
中イキの主役となるのが「Gスポット」。概ね膣口から3~4cm奥にあり、中指を挿入し軽くお腹側に指を曲げるとザラッとした感触がしたり、少しくぼんでいたりする場所です。オナニーにより指で優しくかき回すなど、SEX中に性的快感を得るには少し訓練が必要。ただ、〝開発〞された後は、SEXの挿入でもペニスの摩擦によって強い快楽を得られるように。

強い刺激は禁物! 「ポルチオ」は上級者向け
“”
子宮口付近、つまり膣の奥にある「ポルチオ」を指やペニスで刺激されると、全身を揺さぶるような大きなオーガズムが得られる女性もいます。若い女性の子宮口は硬いため痛みを感じることもありますが、自分で挿入の深さを調節できる女性上位(騎乗位)の体位なら適度な刺激を得られやすいはず。慣れるまでは彼に優しく動いてもらうことが大前提です。


ORGASM EXPERIENCE : 02
初心者はここから! 膣外でイク

「クリトリス」は自主開発が必須!?
“”
女性器のいちばん上にあるクリトリスは快感を得る機能しか備えていない、文字通りの「性感帯」。ローターや電動マッサージ器を当てて〝即イキ〞する上級者もいますが、まずは指でオナニーをするなど刺激に慣れておくことがポイント。 自分が気持ちよいと思う力加減や触り方を知り、それを彼に伝えることで、SEX 中にもイキやすくなるでしょう。

「バック」は外イキ派よりもオーガズムを得やすい
“”
SEX中、ペニスを挿入しているときにクリトリスを同時に刺激されることでオーガズムに達する女性も多いので、受け身にならず自分から彼にリクエストしてみるのも手です。バック(後背位)は、男性の両手が空くため同時にクリトリスを刺激してもらえる(自分でこっそり触ることもできる)ため、外イキ派でも「イキやすい」体位だと言えるでしょう。


ORGASM EXPERIENCE : 03
イクための心構えは? 心の問題

100のテクニックより本音を言える空気が大事
“”
SEXはコミュニケーションですから、お互いに「聞き上手」になりたいところ。 恥ずかしがりながらも、勇気を出して「どうしてほしい?」と聞けば、お互いに本音を言いやすいムードを作れるのではないでしょうか。言葉で自分の本当の希望を伝えることができた女性は、心理的な解放感から、自然と体も解放されオーガズムへと近づくことができるのです。

幻想を捨てれば快楽の道が開ける!?
“”
そもそも、雑誌などのアンケートに載っている「SEXでイケる女性の割合」などは、気にする必要はありません。自分は自分。「イケない私は変なの?」などと悩むのは考えものです。肉体的な快感を追求するより、リラックスして愛する彼と抱き合う喜びに浸ったほうが、〝ハッピーホルモン〞と呼ばれるセロトニンが脳内で分泌され、快楽の道は開けるでしょう。


ORGASM EXPERIENCE : 04
とっておきを伝授! 秘儀を知る

自分も彼も感度アップ! 「膣トレ」のすすめ
“”
〝中イキ〞をするためには、挿入中に自分で意識して膣圧を調整できるとベター。 膣をキュッと締めると、男性の感度も上 がり、より激しく腰を動かしてくれたりと、自分の意思でSEXに緩急をつけることができますよ。膣圧を自分で鍛える方法は、肛門を締め、膣を体の中に引き上げるようにギュッと締めた状態で5秒キープ× 5回。これを毎日行ってみてください。

マンネリ解消には少し冒険SEXアリ!
“”
SEXは〝脳で感じる〞部分が大きいので、彼との行為がマンネリ化するとオーガズムに達しにくくなります。そんなときは、少し変わったプレイを試してみるのも効果的。例えば、手足を縛るだけでも、体の自由がきかないもどかしさが快感に繫がります。ただしビニール紐などはきつく縛ると肌を傷めることもあるので、柔らかなフェイスタオルがおすすめです。

<Profile>
産婦人科医 池下育子さん
いけした女性クリニック銀座院長。『彼女にも読ませたいHOW TOオーガズム』(文苑堂)など多数。

撮影/三宅祐介、伊藤泰寛 イラスト/ comaki 取材・文/浅原聡、紺谷宏之、戸塚真琴
with2016年8月号より
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ