withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • 恋愛・結婚
  • 結婚したい人の条件が「包容力のある人」ではパートナーが永遠に見つからない理由とは?
編集部|恋愛・結婚

結婚したい人の条件が「包容力のある人」ではパートナーが永遠に見つからない理由とは?

人間関係

仕事が忙しくても子どもができても夫婦円満でいる秘訣は?

pattern_1
30代で現在の夫と再婚。結婚式は結婚から3 年後、長男が3 歳になった頃に。
では、実際に結婚生活が始まってから、夫婦円満でいるためにはどうしたらいいのでしょう。お互いに仕事をしていれば、すれ違うことも出てきますし、子どもが生まれれば、どうしても子ども優先になってしまうことも…。

「お互いに仕事もしていますし、以前は海外出張なども多かったため、すれ違いも多い夫婦でした。そこで私たちが決めたルールが、『毎晩同じ時間にベッドに入ること』。もちろん、仕事関係の会食で遅くなったりするときは別ですが、一日が終わる最後の時間を、夫婦水入らずで過ごすのです。日中は子供の話に付き合うばかりですが、この時ばかりはと夫婦のおしゃべりが止まりません。そうして過ごす時間は、互いに歳を重ねていく楽しみにもなると感じます」

夫婦から恋人へ。関係が軽やかであることが幸せの秘訣

多くの時間は仕事や子どもに費やしたとしても、1日のほんのひととき夫婦だけの時間を持つことが円満でいる秘訣。そして、今後の夫婦関係について、大草さんはある新しいヴィジョンがあると言います。

「この先、夫婦から恋人に戻るタイミングが来てもいいかもしれない、とぼんやり考えていたりもします。子供たちが巣立ったあとは、妻や夫という社会的なフレームから離れて、それぞれが『個』を大切にできたらなと思うのです。親も子も、夫も妻も、自由で、軽やかでいられたらいいなと。夫や子供たちだって、海外で暮らしたいというタイミングが来るかもしれませんし、私自身も、いずれは数年間、海外で暮らして仕事をしたいなと思っています。ただ、そのとき、夫婦や家族が、必ずしも一緒である必要はないのかな、と……。 それぞれが違う場所に暮らして、アメリカやヨーロッパで待ち合わせする――そんな未来を考えると、ワクワクしませんか。もちろん、そのまた先の未来には、もう一度、彼と夫婦に戻ることがあってもいい。それくらい、二人が軽やかな関係でい続けられたらと思っています」

婚活に、そして結婚に悩める女子たちが思いもしない新しい視点での夫婦論は新鮮でしたね。さらに深く、新しい時代の結婚や家族の形、仕事論を知りたい方は、ぜひ大草直子さんの新刊『飽きる勇気 好きな2割にフォーカスする生き方』を読んでみてください。

新刊紹介

『飽きる勇気 好きな2割にフォーカスする生き方』

pattern_1
発売日:2020年11月13日予定 定価:本体1300円(税別)サイズ:四六判 208ページ/講談社
飽きることも、変わることも、
自分を愛することも、全部わがままじゃない。

商品開発やイベント出演のオファーが絶えない人気スタイリストで、ブランドコンサルタントとしても活躍する、⼤草直⼦ミモレコンセプトディレクター。時代の転換点を⾒据え、「変化することを恐れない軽やかな⽣き⽅」のコツを指南します。

「今の仕事・生き方でいいのかモヤモヤしている」「いつも人と比べてしまう」「子育てに自信がない」など人生に悩むすべての人がラクに生きられるヒントが満載の一冊です。
構成/幸山梨奈
 
22 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • 恋愛・結婚
  • 結婚したい人の条件が「包容力のある人」ではパートナーが永遠に見つからない理由とは?