編集部|恋愛・結婚

「ピース綾部の恋LINE相談室」デートに誘われていたはずなのに突然の断りLINE!

withの人気連載「ピース綾部の恋LINE相談室」は、男性から来た理解不能なLINEを綾部さんが解読。恋愛を上手にすすめるためのヒントを教えます! 今回は、二度目のデートの直前に、断りを入れてきたLINEをご紹介!

今月の謎LINE
「よく考えたけどやっぱり会うのやめよ!
このまま引っ張ると申し訳ないから!」
“”

二人の関係は?
友人開催のホムパで知り合い、一度二人きりで食事に。

送られてきた状況
相手から誘われていたドライブデートの直前、急に届いた。


感情的にキレたら相手の思うツボ!?
綾部さん:このLINEの前に、Yさんが何かやらかしたんじゃない?
Yさん:いや、とくにミスはしていないはず......。
綾部さん:それなら、相手側に裏事情があったのかもね。元カノとヨリを戻すことになったとかさ。で、どんな返信をしたの?
Yさん:一方的にフラれたような内容に腹が立って、「別に好きじゃなかったんで大丈夫です」と送ってブロックしちゃいました!
綾部さん:超キレてるじゃん(笑)。
Yさん:はい。我ながら「大人げなかったかな」と、モヤモヤした気持ちが残っているんですよね……。
綾部さん:「ワンターンで話が済んで良かった〜」って、きっと相手は喜んでいるよ。気持ちは分かるけど、まずは「急にどうしてですか?」 と送れば、相手が裏事情を明かしてスッキリできたかもしれないね。
Yさん:そっか......。感情的になってしまった私の負けなんですね。
綾部さん:今からでもブロックを解除して、「先日は感じの悪い対応をしてごめんなさい」と送るのも選択肢のひとつだよ。たとえ既読スルーされても、自分の気持ちを整理できるなら負けじゃないから。
Yさん:たしかに。そうしたほうが人として成長できる気がします。

反撃するなら相手と 同じ手口を使う!
綾部さん:とはいえ、この相手のように、女性に大きな謎を残すようなLINEは最悪だよ!自分が悪いように装っているのもズルいし、腹が立つのは当たり前。だから、やり返したいのであれば、キレるのではなく「ひどいんですね」と送れば良かったんだよ!
Yさん:え、そのひと言だけですか?
綾部さん:そう、あえてリアクションに困る返事をするの。『目には目を謎には謎を!』ってこと。
Yさん:なるほど(笑)。一矢報いた気分になれそうですね。
綾部さん:そのうえで、相手に少なからず好意を持っていたのなら、素直に伝えておくのが理想かな。キレて終わらせるよりは、状況が好転する可能性を残せるはずだから。

綾部祐二 Profile
1977年茨城県生まれ。2003年に又吉直樹とともにピースを結成。「よしもと男前ランキング2014」で3年連続第1位を獲得し、殿堂入りを果たす。現在、TX「追跡LIVE! SPORTSウォッチャー」(毎週土曜日23:00~23:55、毎週日曜日22:54~23:30)、TBS「王様のブランチ」(毎週土曜日9:30~14:00)などにレギュラー出演中。単行本『AYABE MODE』、カメラマンとして参加した神室舞衣写真集『BED GAME』も話題。’17年4月から、活動拠点をアメリカに移す。


撮影/柳詰有香 取材・文/浅原 聡
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ