編集部|恋愛
06.Nov.2020

21歳で結婚【豊田エリーの結婚観】結婚当初は批判されることも多かったんです......

結婚に対する考え方が変わりつつある昨今。いわゆる「適齢期」ではない年齢で結婚した豊田エリーさんと、“結婚する意味”について考えてみました!

21歳で結婚! 豊田エリーさん

「世間体や常識よりも自分が笑顔でいられる方法を考える」

pattern_1
Profile
1989年1月14日生まれ。東京都出身。13歳の頃からモデルとして活躍。2010年に俳優の柳楽優弥さんと結婚。一児の母でもある。
ニット¥36000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) オーバーオール¥14000/リー(リー・ジャパン カスタマーサービス) バッグ¥14000/クリード(クリード プレスルーム) その他/スタイリスト私物

周りの目より自分の気持ちを優先!

彼と一緒にいたいと思ったとき=「適齢期」でいいんじゃない?

現在31歳の豊田エリーさん。でも結婚生活はすでに10年。10歳の女の子を育てるママでもあります。

結婚当初は批判されることも多かったです

「結婚したのは私が21歳になった誕生日。彼は19歳10ヵ月でした。二人とも若かったので、まわりからは『絶対上手くいかない』とバカにされている感じはありましたね。でもその時点では何も証明できないので、『見てろよ~』と思っていました(笑)」

 とはいえ、当時でも平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳。もともと結婚願望が強かった訳ではないという豊田さんが、それだけ早い年齢で結婚を決めた理由は何だったのでしょう?

「彼だったから、というのが最大の理由ですね。私は一人が好きだし、仕事も好き。むしろ晩婚タイプだったと思います。私は何事も考え込んだり、落ち込んだりしやすい性格。でも彼は“陽エネルギー”の塊のような人で、そういう私の不安を全部放り出してくれる。もうこんな人には出会えないと思えたからです」

 そんな豊田さんにも、“適齢期”ゆえ結婚を焦る女性心理をどう思うか聞いてみました。

「自分にも言いたいんですけど、社会の目に捉われないでほしい。みんな、個々ではいい人なのに、集まって社会になると急に『普通は……』という価値観を押し付けてきますよね。そこに惑わされず、どうすれば自分が笑顔になれるかを軸に、人生を決めていってほしいと思います。もう数年すると娘が、私と彼が出会った年齢に。娘に『21歳で結婚する』って言われたら……淋しい!って言ってしまうかも(笑)。でも彼女が、自分の意志を持って決めたことなら、背中を押してあげたい。自分の娘にも、笑顔になれる理由を大切にして欲しいと思います」

続きはwith12月号でご覧ください!

◆こちらの記事もおすすめ!
pattern_1
39歳で結婚【平野ノラの結婚観】結婚を焦るよりも一人の時間を充実させることが先
撮影/川原崎宣喜 スタイリスト/渡邉恵子(kind) ヘア&メイク/川嵜瞳(PEACE MONKEY) 構成/杉浦香 取材・文/山本奈緒子
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2020年12月号発売時点のものです。

with onlineのおすすめ記事がLINEに届く♡

with onlineのニュースをLINEで大好評配信中! LINE公式アカウント「with online」では、読むだけで女を磨ける連載や旬なファッション、美容情報、恋愛、お仕事、マンガ、占いなど、コンテンツ盛りだくさんでお届けします。
友だち限定プレゼントも! 上のボタンからぜひ友だち追加してね♪
 
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ