編集部|恋愛・結婚

「彼のため」が裏目に…彼氏に“母親扱い”される人がやりがちなNG行為

【MISSION】彼をコントロールする「プロオカン」にならない。信頼と放置でオトナに育てよ!

彼に追われたい、プロポーズされたい(こっちからせっつくんじゃなくて)、オトナの男になって欲しい……。そんな風に思うのであれば、信頼し、会っていないときは適度に放置する“LOVE&バイバイ”を徹底することです(会っているときは全力でデートを楽しむ)

さぁ、彼が飲み会に出かけたとき、こんなやり取りはご法度ですよ。
pattern_1
NGバージョンは、もはや過干渉すぎます。でもこれ、「気が利く女の私」だと思って、終電情報を調べているのですよね。そして「終電までに帰らないと心配(お金ももったいないし、女の子との出会いがあったらどうしよう!)」という不安や自分の価値観を、うま~く親切風オブラートに包んでLINEしているのです。

でもちょっと考えてみてください。私たちだって楽しい集まりでつい、遅くなってしまうことなんてあるじゃないですか? それをいちいち、やれ心配だのなんだの言われるとウンザリしませんか? 男性は束縛を感じても~っとウンザリし、彼女に飲み会の予定などを隠すようになったりするので要注意なんです(オカンに隠れて悪さする息子になるんやで)。
pattern_1
OKバージョンは、そもそも「今日の飲み会」について探るようなLINEはしません。相手のプライバシーを詮索するヒマがあれば、自分のことをします。お節介も「ポカリ飲んどけ」程度で押しつけがましくありません。女性がこういう風に、LINEでコントロールしようとしないスタイルでいると、男性はわざわざ隠し事をしませんし(自分から飲んでくるねと報告するようになります)、「よっぱらたよぉ~♡」とか甘えて電話してきたりします(笑)。

そして何よりも皆様にお伝えしたいのは、男性のマネージャーこと「プロオカン」になるようなヒマがあるのならば、経済的に彼をアテにしなくてもいいように、仕事のスキルなどを磨いて欲しいのです!

「ここまで尽くしてるし、彼と結婚するし、仕事はまぁそこそこでいいか……」と適当に生きた結果、30歳過ぎて彼氏にフラれ、何も残っていないなんて女性があまりにも多いのです(特に同棲するとこの傾向が強まります)。人生、何があるかわかりません。結婚してもそうです。この宇宙に「絶対大丈夫」はないのです!

「この人にすがらなくても自分で生きていける」。この気持ちは恋愛や相手の収入に(勝手に)依存する、魅力のない女にならないために必要ですよ。
自分で生きていくチカラがある女性に、頼りにされたり、甘えられると男性は自信がつくものなのです。


恋愛においてリスクしかない「プロオカン」はやめ、その時間はお金という自分を守る武器を手に入れるために充てましょう!

【まとめ】

・LINEなどのSNSで彼のマネージメントをする「プロオカン」にならないこと!
・そんなヒマがあるならしっかりと自分で稼ぐ女になるべし!

<プロフィール>

神崎メリ
恋愛コラムニスト。1980 年生まれ。ドイツ人の父と日本人の母の間に生まれる。自身の離婚、再婚、出産という経験をもとに「男心に寄り添いながらも、媚びずに女性として凛と生きる力」を「メス力(りょく)」と名付け、SNS やブログにて発信していたところ、瞬く間に人気が広がり、現在ブログは月間200万PV。コメント欄には共感の声が殺到し、恋愛に悩む幅広い年齢層の女性たちから、厚い信頼と支持を集めている。著書に『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! “最後の恋”を“最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』(KADOKAWA)、『「本能」を知れば、もう振り回されない! 恋愛&婚活以前の 男のトリセツ』(マガジンハウス)などがある。

今回紹介したのは…

『大好きな彼のハートを撃ち抜く! 恋愛&婚活SNS大作戦』

pattern_1

神崎メリ/幻冬舎

超人気恋愛コラムニスト・神崎メリが貴女に授ける、“SNS迷子”から抜け出すための最終兵器(リーサルウェポン)!

返信のNG例&OK例、アイコンの正解、男がドン引く投稿とは……etc.何度も書き直したその投稿が、男心を萎えさせている!? 貴女がやるべきこと、やめるべきことを徹底的に伝授してくれる一冊。
 
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ