編集部|恋愛・人間関係

結婚式を【やる?】【やらなくていい?】私がコロナ禍に結婚式を挙げた理由

当たり前や常識がない時代の結婚

皆さんこんにちは!
withLab STAR100 エディターの飛鳥です。

半年ほど前に結婚式を終え、卒花嫁になりました。その準備の様子などをブログにしていきたいと思います。
本日は、多様性の時代に私が結婚をし、結婚式をあげる理由についてお話したいと思います!

昔は結婚するのが当たり前、という時代もあったかと思いますが、今の時代結婚は一つの選択であると思っており、それは結婚式についても同じだと思っています。

それぞれの人の選択が正解であると思っているので、あくまで私の人生にとっての選択としてご紹介していきます♪
pattern_1

結婚をして結婚式をする理由

私の周りには、いわゆる事実婚を選択している方も、たくさんいます。
その中で、私が入籍をする選択をした理由は何かを考えると、事実婚を選択するよりも入籍した方がメリットがあるなと感じたからです。

私は自分の苗字を残したいという思いは特になかったですし(よくある名前でもあるので)、お互いに病気や入院となった際などにも入籍をしておいた方が手続きなどがしやすいなど、今の日本の制度的な面からも判断をしました。
(最近は事実婚でも手続きが可能なこともあるようです)

結婚式は最も素直になれる機会

もともとイベントごとが好きな私は、結婚式は挙げたい!と思っていました。なので結婚式をやるやらないの選択に悩みはあまりなかったのですが、コロナ禍になりフォトウェディングや家族婚なども増える中で、どのような形にするのかはすごく考えました。

私の中で結婚式は、もちろん自分が主役の輝ける機会でもありますが、他にも大切な目的があるなと思いました。

私は、感謝の気持ちを言葉にして直接伝えるのが恥ずかしくて、普段はあまり出来ないタイプです。手紙やメールなどだったらなぜかできるのですが、近くなればなるほど、仲良くなればなるほどなんとなく恥ずかしくて出来ません。

だからこそ、これまで育ててくれた両親や親戚(関わりのある親戚がとても多いのもあり)、そして大好きな友達たちに、そんな感謝を今だからこそ伝える場にしたい、と思いました。
pattern_1

大好きな人が自分のために全員集まる唯一の場

中学生の頃聞いた言葉に、「大切な人たちが自分のためにひとつの場所に集まって、涙を流してくれるのは生まれた時と結婚式とお葬式だけ」と言う言葉があります。

これを聞いたとき、なるほど!と思い、生まれたときとお葬式は意識はない状態だからこそ、結婚式は自分の人生の中でも大切にしなくちゃ、とずっと思っていたことも、挙げる決心をした大きな理由です。

普段は絶対に交わらない、大好きな人がみんな集まっている素敵な場を私も体験してみたい!と思って決心しました。
pattern_1
結婚式をやらずに他にお金を回すのも賢い方法だと思いますし、人それぞれの選択があると思います。

一つの考えとして参考にしていただけたら嬉しいです。

実際にやってみて

結婚式についてはまた改めて詳細を書きたいと思いますが、やってみた感想は、「本当にやってよかった! 幸せすぎる1日だった!!」ということだけです。

もともと結婚式を挙げたい理由だった、両親たちへの感謝、大好きな人たちが一度に集まる場所ということが叶い、想像以上に幸せな空間でした。

友人の何人かが「結婚式やらなくていいと思ったけどやりたくなった!」と準備を始めてくれたりと、嬉しい言葉もたくさんもらえ、心が温かくなりました。

結婚式もたくさんの形が今はあるので、インスタグラムで見てみる、式場見学に行ってみるなどぜひご自分に合った選択ができるよう検討してみてください!
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ