編集部|恋愛・結婚

夫の心が離れていく、妻の「攻撃LINE」 既読スルー、イライラしたら長文で暴言…

カップルだったときは楽しく、ドキドキしていたのに、入籍した途端に夫とのLINEの内容に対して関心がほぼゼロ。慣れてきたからこそ、ちょっと雑になりがち。でも「女性の影がないかな?」とちょっと気になってしまったり……。

「夫婦になったからこそ、油断は禁物!」と語るのは、超人気恋愛コラムニスト・神崎メリさん。もちろん誰だって、ギクシャクするよりは夫と円満でいい関係を築きたいもの。では、どうすればいいのでしょうか? 今回は、メリさんの新刊『大好きな彼のハートを撃ち抜く! 恋愛&婚活SNS大作戦』(幻冬舎)から、夫とのLINEで気を付けるべきことについてご紹介します。

夫婦円満でいるために、まずは貴女のLINEから変えてみる

いや~不思議なもので、カップルだったときはあんなに「え~? 彼氏に『愛してる』とか、ガンガン送ったり、毎回即レスしちゃダメなの? 寂しい~」「なんかそういうのって駆け引きっぽくてよくないよ!」なんて言っていた女性でも、入籍した途端、憑き物が落ちたかのように夫とのLINEの内容に対して関心がなくなるものです(笑)。

しかし「女とコソコソLINEしてないかな?」的なお悩みは独身時代と変わらず継続していたりして、もはや独身でも既婚でも私たちってLINEなどのSNSに支配されているんだなぁと感じたりもします。

これは裏を返せば夫とのLINEのやり取りにはすっかり気配りしなくなっているのに、浮気の心配だけはしてピリピリしちゃっているということ。
この流れって夫婦にとってあまりよくないことなのです。

夫婦になったからこそ、油断は禁物です。
たとえ「ど本命婚」をした夫婦であったとしても、私たち女性が「ど本命クラッシャー」し続けてしまえば、関係は脆くも崩れさってしまうかもしれないのです。

男性は私たち女性が思うほどメンタル強くありません。妻から攻撃され続けると、自分の殻に閉じこもり、無言・無反応を貫き、家族に対して一切の関心を示さなくなります。または、お付き合いしているときはあんなに優しかったはずなのに、「俺って大切にされていないな」と感じてしまうと、妻に対して冷酷スイッチが入ってしまうこともあるのです(どおっでもいい相談女にフラフラしちゃったりな~!)。
貴女の夫が根っからの「おクズ様」でない限り、すべては貴女しだいと覚悟した方が建設的。
貴女が知恵(メス力)を使ってどう家庭を運営するかに懸かっています。


「え~? でも夫だって成人した男性ですよ? そこまで女がお膳立てしないとダメなんですか?」となんの考えもなく、感情的にふるまって関係を破綻させてしまうのか?
「なるほどね、こういう知恵(メス力)をちょっと使っていけば円満ってワケね」と気軽に「メス力」にトライしてみるかで、家庭という船の行き先は大きく変わっていきます。

その船には貴女も夫も、そして人によってはお子さんも乗っていることだと思います。
難破船にさせてしまう前に、「メス力」を実践して欲しいのですよね。だってその力が私たち女性にはあるのですから……!

円満な関係のために最初は小さいことからチャレンジしていきましょう。
まずは今現在、夫へのLINEがこんな風になってしまっていないか? をチェックしてみてください!
次のページ>>夫の気持ちが離れる鬼妻LINE  
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ