編集部|恋愛・結婚

結婚12年目の決断。法律婚から事実婚へ…人気モデル牧野紗弥が「結婚の形」を変えた理由

モデル 牧野紗弥「嫁ではなく、牧野紗弥でありたい」

「結婚」が、万人にとって幸せではなくなってきた今の時代。従来の法律婚だけにとらわれない、さまざまな家族の形も存在するようになってきました。

それでもなお、なぜ私たちは「結婚」という言葉を意識してしまうのでしょうか。周囲の目が気になるから? 愛を形として残したいから? それとも、孤独だから? 1人1人が自由に生きられる時代に、他の誰かと生きる理由ってなんだろう。

今回は牧野紗弥さんに、「結婚の形を変えるのはなぜか?」をお伺いしました。結婚12年目の決断とその胸の内に迫ります。
pattern_1
ブラウス¥25300/アッパーハイツ(ゲストリスト) イヤリング¥8800/イン ムード(フォーティーン ショールーム) リング¥5400/アナプノエ(アナプノエ 渋谷ヒカリエ ShinQs店)

思ったことを家族全員が言語化できる。それが、子供に伝えたい家族のあり方

結婚12年目に“夫婦別姓”を選択し、法律婚から事実婚に切り替えたモデルの牧野紗弥さん。「結婚の形」を変えたのは、そこに長年大きな違和感を抱えていたから。

「結婚したのは25歳のとき。祖母から姓を残して欲しいと言われていたし、元の姓である『牧野』は私自身のアイデンティティでもありました。

本当は姓を変えたくなかったけれど、当時は知識もなく、早く結婚したい気持ちも強くて『この話はまたいつか』と心にしまって結婚。でもやっぱり、『夫に感謝しなさい』と言われるたびに、『嫁いだ』という感覚を拭えませんでした

気づかないふりをしていた家族内ジェンダーバイアス

結婚生活は順調。子供たちの世話は、なんの疑問も持たずに全て自分が担当していたが、第三子を授かってからは、仕事と子育てで物理的にも精神的にも立ち行かなくなった。

「笑うことができなくなって。そのとき初めて自分が『男性が外で仕事をして、女性が家庭を守る』という役割意識=『ジェンダーバイアス』に強くとらわれていたことに気づいたんです」

そう気づいた牧野さんは、夫と話し合いを重ね、まずは家庭内での役割を変化させた。この変革を機に、誰かが我慢することで成り立つ家族は私たちらしくない、と思うように。

「今度は、もっと枠を取り外すような取り組みをしようと決めました」

そこから、何度も弁護士に相談し、事実婚のメリットやデメリットを理解した上で、家族にプレゼン。子供たちにも包み隠さずに話をし、家族全員で問題に向き合った。

「結婚って、一見自由がなさそうに見えますが、自分たちに合うようにアレンジもできる。子供たちに対しても、生き方には選択肢があることを伝えたいんです。違和感を覚えたらそれを言葉にして共有し、どうしたらいいかを考えられる、そんな家族でありたいと思っています」
次のページ>>夫婦別姓にするためには?  
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ