恋愛
中尾明慶 男のホンネ
02.Jun.2019

中尾明慶【イクメン問題】男は父親という”着ぐるみ”を着ることでゆっくり父親になる(第9回)

最初は全然イクメンじゃありませんでした!

皆さんこんにちは!
またまた猛暑の季節がやってきましたね。今年の夏は家族とキャンプに行こうか、海外旅行をしようか……と、相変わらず遊ぶことばかり考えている中尾明慶です(笑)。

息子も5歳になるとだいぶしっかりしてきて、この頃は「随分お兄ちゃんになったな〜」と感じる瞬間がたくさんあります。だから休日も一緒に遊ぶことが増えました。

一緒にバイクを直したり、公園に行って、わりと本気で鬼ごっこをしたりサッカーをしたり。最近はベランダでズッキーニと枝豆とトマトを育てているので、毎朝息子と一緒に水やりをしています。

そんなふうに、今でこそすっかりイクメン面をしていますが、最初は全然違ったんです。妻も「子供が生まれてすぐの頃と、本当に変わったよね」と言っています。恐らく多くのお父さんがそうではないかと思うのですが、僕も最初は、びっくりするぐらい、父親になる自覚がなかったんです。

妻が臨月のときも、それがどういう状況なのか全然わかっていなくて、「じゃ!」と遊びに行くことも少なくありませんでした。

僕の息子は予定日より20日ぐらい早く生まれたのですが、当時の僕は、早く生まれるかもしれないということを考えたこともなくて、生まれる前日も男友達を呼んで出前をとってドンチャン騒ぎをしていたんです。そうしたら翌日に陣痛がきて……。

うちの妻には、いまだに「2人だけの最後の夜は、出前の後片付けをして終わった」と愚痴られますが、自分でも本当にあり得なかったなと反省しています。
次のページ>>男はすぐに父親になれない  
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ