恋愛・結婚
実録!アラサー女子の恋愛事情

レス状態で結婚し、離婚に至った30歳バツイチ女性が提起する“ある議論”

同棲を始めたり、結婚したりすると、悪魔のように忍び寄ってくるのが「セックスレス」の問題。付き合いたての高いモチベーションを保ったままセックスを続けるのは、どのカップルにも難しいこと。けれど、向き合わずに放置しているといつの間にか深刻なセックスレスの沼にハマり、その後抜け出せないという最悪な事態にもなりかねない。

そこで今回は、セックスレスが原因で離婚をした浅見凛花さん(仮名・30歳)と、セックスレスになった原因と、それがなぜ「離婚」につながったのかを考えます。

浅見凛花さん(仮名・30歳)のプロフィール

外交的な性格で、性に対しては積極的でセックスも好き

―まず浅見さんのことを教えてください。普段はどんなお仕事をされているんですか?

現在は30歳で、都内に住んでいます。仕事はフリーランスでPRをやっています。趣味はお酒を飲むことで、気心の知れた友人と飲みながら楽しい時間を過ごすのが日々の楽しみです。外交的な性格もあり、20代前半の頃から外に出て新しい人と知り合う機会が多く、知人は多いほうだと思います。


―結婚前後に関わらず、基本的な浅見さんのセックスに対するスタンスを教えてください。

性に対しては積極的なほうだと思います。

子どもの頃、家にエロティックなアートブックや性教育の絵本があって、セックスが“秘められたもの”ではなかったので、どんなものかは自然に知っていきました。だからこそ、「早くセックスをしてみたい!」という気持ちが十代の頃からあって

初体験は中学生のときに、同級生とでした。それからは「自分がしたいと思う相手だけと、きちんと避妊をしながら」という自分のルールを守った上で、「自分がしたいと思った人とはしていいじゃん」と思っています。
次のページ>>AVのようなセックスを楽しんでいたが、彼のエキサイトレベルについていけず、ついに……  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ