恋愛
実録!アラサー女子の恋愛事情

夫の“忠告”通りに…ヤバすぎる「干渉姑」の衝撃的な行動【玉の輿婚をした28歳女性の話】

人の数だけある、それぞれの恋愛事情。本連載では、ごく普通のアラサー女子たちのリアル恋愛体験談をご紹介していきます。イマドキのアラサー女子たちの恋愛観・結婚観って? 彼女たちの体験談を通して、もしかしたらあなたの価値観が変わったり、悩み解決のヒントになるかも……?

今回話を聞いたのは、25歳の時に「玉の輿婚」をしたミナミさん(28歳・仮名/飲食)。23歳のとき、なんとなく誘われた食事会で出会った男性とスピード交際。幸せの絶頂かと思いきや、彼の両親に会う前に“不穏すぎる一言”を言われ……?

\前回の話はこちら/

彼の実家は大きな会社をいくつも経営…実際両親に会ってみると――

高校時代から結婚願望が強かったミナミさん。商社で働くハイスぺ男子のカズヒロさんと付き合うことに。夢のハワイ挙式が叶うかも……! しかし、“ある問題”が浮上して……?

「付き合って1ヵ月経った頃、カズヒロの両親に紹介されることに。
以前から子どもの頃の思い出や家族の話を聞いていたんですが、正直“一般的”な家庭ではないなと感じていて……。

なんとカズヒロの実家は、大きな会社をいくつも経営していたんです。親戚付き合いもものすごく重要視していて、お祝いの集まりやお墓参りなども頻繁にあるような感じ。カズヒロは25歳で車もマンションも所有していて、高校時代は海外の学校に通っていたし……。生粋のお坊ちゃまなんだなぁと、感じましたね。
カズヒロからお母さんのことを『うちの母親、ちょっと変わってるから気を付けて』と告げられて、ものすごくビビっていたんですが、実際会ってみると典型的な美容ママって感じで。まつげエクステもばっちり、髪の毛もサラサラ。見た目は派手な印象でしたが、『遠くまでありがとうね~』など気遣う言葉もかけてくれて、このときはまだ特に嫌な感じはありませんでした。

帰り道にカズヒロからは『うまくやってくれてありがとう』みたいなことを言われて。私はもとから初対面の人に人見知りするタイプじゃなかったので、全然苦じゃなかったのですが……。後日両親からは『ニコニコしていて優しそうだし、いいんじゃない?』と言われたそうで。今考えてみると、気遣う言葉もかけてくれながらも“結婚相手”としてふさわしいのか、見極められていたのかもしれませんね(苦笑)」
次のページ>>婚姻届の提出日、結婚式の日取りまで口出し…お義母さんの“干渉”がスタート  
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ