恋愛
実録!アラサー女子の恋愛事情
09.Feb.2021

3つのマッチングアプリを駆使して結婚した26歳OLが語る、「ヤバい男」に共通する“プロフィールの特徴”

人の数だけある、それぞれの恋愛事情。本連載では、ごく普通のアラサー女子たちのリアル恋愛体験談をご紹介していきます。

今回お話を聞いたのは、マッチングアプリで出会った男性と結婚したユウコさん(26歳・仮名/アパレル関係)です。1年間の婚活中、様々な男性に遭遇したようで……!? また、3つのマッチングアプリを同時進行した結果、感じたこととは?

「婚活は1年!」と期限を決め、3つのマッチングアプリを同時進行

25歳の時「婚活は1年!」と期限を決めて、戦略的に婚活をスタートさせたユウコさん。
彼女が主戦場に選んだのは、マッチングアプリでした。

「3つのマッチングアプリを使って婚活をスタートさせました。ひとつは完全に婚活に特化した月額費を払うタイプのマッチングアプリ。あとのふたつは、基本的に女性は利用料がかからない恋活・婚活アプリです。長々と婚活をするつもりもなく、期限は1年と決めていたので、とにかく積極的にいろいろな人に会いましたね」

いきなり3つのマッチングアプリを同時進行でスタート。そもそもユウコさんが25歳で婚活を始めたのには理由があったそう。

「婚活を始めようと思った時期は、人間関係が原因で仕事をやめて、実家に戻っていた時期でした。そのとき『ああ、やっぱり家族っていいな』と感じて、結婚したいと思ったんです。26歳で結婚って早すぎると思う人もいるかもしれないけど、大学を卒業して3年目の25歳っていろいろとちょうどいい年齢なんじゃないかなって。22歳くらいだとまだ子供な感じがするけど、25歳だと社会に出て経験も積んでいる。でも、実家暮らしでも『自立してないんじゃない?』とは言われない絶秒なラインだと私は思っていました。だからこの1年で決めようって」

1人にかける時間は1ヵ月。初回のデートで“絶対に伝えていたこと”とは?

「絶対に26歳までに結婚したいと思ったので、アプリで知り合った男性にも初回のデートで『26歳で結婚したいんです!』と伝えていました。そうすることで、ヤリモクや、遊び相手を探している人は排除できます。とはいえ、初回から婚活ガチ感を出しすぎると引かれてしまうので、ふわんとした感じで『26歳までに結婚したいな~って思うんですよね』『ハワイ挙式とか憧れます~』とか、お酒の力も借りつつ言ってましたね(笑)。

あとは、付き合うことではなく「結婚すること」が目的だったので、1人にかける時間は1ヵ月と決め、並行して色々な人に会いました。婚活で辛いのは『期待して長い間会い続けていたのに、結局ダメだった……』と、メンタルをやられること。しかもそれが連続することはざらにある。これで“婚活疲れ”になってしまう人も多いと思うんです。だけど、並行していろいろな人と会っていれば、『次いこう!』と前向きな気持ちで婚活を続けられることができる。ひとりの人にピンポイントで行き過ぎて、一喜一憂していたら婚活は続かないと思ったんです」
次のページ>>プロフィールで分かる、「ヤバい男」に共通する“とあること”  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ