編集部|恋愛
23.Sep.2019

社内恋愛のきっかけは? リスクと成功の秘訣を徹底解説!

2. 社内恋愛のメリット

pattern_1
ドラマで描かれる社内恋愛を見て、「一度は私もしてみたい」と憧れている人もいるでしょう。社内に好きな人がいれば、毎日がバラ色で楽しく過ごせそうですよね。

しかし、社外の人と付き合う場合と比べて、社内恋愛にはどのようなメリットがあるのかパッと思い浮かばない人もいるはず。そこで、具体的なメリットをいくつかご紹介します。

《秘密を共有できる》

社内恋愛のメリットの一つに、秘密を共有できることが挙げられます。周りが社内恋愛に気付いていない中、二人しか知らない特別な秘密がある……。そう考えるとスリル満点ですね!

周囲にバレないように振る舞うことで、いけないことをしているような背徳感を味わえるという声も。この秘密の共有が二人の絆を深めるのに役立ちます。

こっそりとアイコンタクトを取ったり、書類に手紙を添えたりと、ゲーム感覚に近いドキドキ感を味わえるのは社内恋愛ならではといえるでしょう。

《相手の仕事ぶりや評価が分かる》

仕事ぶりから、彼の仕事に対する姿勢や態度が見えてきます。また、彼が周囲からどのような評価をされているのかも分かりやすいでしょう。どちらも同じ職場で働いていればこその状況ですね。

デートのときは二人だけですが、仕事では多くの人と関わります。そのような場で見せる態度から、彼の人間性を知ることができるのです。

「仕事ができる人」「誠実な態度で仕事をする人」と分かれば将来を考えやすくなりますね!社外の人との恋愛では滅多に見られない部分を理解できるのは、社内恋愛の大きなメリットといえるのではないでしょうか。

《一緒にいる時間が長い》

一日の業務時間が8時間という企業も多いはず。同じ部署であれば、その時間を彼と同じ空間で過ごすことができます。言葉を交わすだけでなく、ちょっとした休憩時間やランチタイムなどにも一緒に行動しやすいでしょう。

お互いの自宅が離れている場合は、会う時間をどう作るかが問題になりがち。その点、同じ職場であれば、待ち合わせの手間もなく会社帰りのデートもスムーズです。一緒にいられる時間を捻出しやすいのは、忙しい社会人にとってメリットといえるでしょう。

《仕事に対して理解がしやすい》

同じ社内で働いているため、お互いの仕事の内容や状況が分かりやすいのがメリットです。相手の立場や忙しさも理解できるため、「仕事と私、どっちが大事なの?」とケンカになることも少ないでしょう。

相手の状況が分からないまま会えない日が続けば、女性はどうしても不安になってしまうもの。急な残業や出張などでデートがドタキャンされれば、「もう私のこと好きじゃないんだ!」と不満が爆発する可能性もあります。しかし、仕事を頑張る姿を間近で見ていれば、彼を応援したいと思う気持ちが自然と湧いてくるでしょう。
次のページ>>「3.社内恋愛のリスク」  
82 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ