編集部|恋愛
23.Sep.2019

社内恋愛のきっかけは? リスクと成功の秘訣を徹底解説!

5. 社内恋愛の脈ありサインを見抜くコツ

pattern_1
男性はリスクを伴う社内恋愛に慎重になりがち。そのため、男性が出す脈ありサインは分かりにくい特徴があります。「もしかして私に気がある?」と思っても「やっぱり勘違いかも……」と迷ったことがある人も多いはず。

彼から送られるせっかくの脈ありサインを見逃すのはもったいないですね。恋愛のチャンスを確実につかむためにも、脈ありサインの見極め方を知っておきましょう。

《二人きりのランチに誘ってもらえる》

同じ職場で働いていると、同僚同士でランチに行く機会も少なくありません。しかし、二人きりのランチに誘われた場合は脈ありといえそうです。

ミーティングや面談など、業務が絡んでいなければさらに可能性は高いでしょう。彼があなたとプライベートな時間を過ごしたいと思っている証拠です。食事中もプライベートに関する質問を多く投げかけ、あなたのことをもっと良く知ろうとするはず。

しかし、「ランチに頻繁に誘われながらも関係が発展しない」「他の同僚女性も誘うようになった」という状況であれば、仲の良い同僚として見られている可能性があります。

《スキンシップが増える》

好きな女性に対しては無意識のうちに距離が近くなるもの。しかし、職場で男性が女性に触れるのは非常に高いリスクを伴います。

そのため、あなたの頭にポンポンと触れたり、肩に手を置いたりする場合は脈ありの可能性が高いといえるでしょう。嫌われないようなソフトタッチで好意を示そうとするのが特徴です。

しかし、もともと人との距離が近く、女性慣れしている男性もいるので要注意。パーソナルスペースが狭く社交的な男性は、男女関係なくスキンシップを取ろうとします。

女性慣れしていれば、ためらいなく積極的なボディタッチになるでしょう。スキンシップでの脈あり・脈なしのサインは、慎重に見極める必要がありそうです。

《用がなくても話しかけてくれる》

pattern_1
好意のある相手と少しでも一緒に過ごしたいと思うのは男性も同じ。気になっているからこそ話しかけてくるのです。好きという気持ちが態度として分かりやすく現れているといえるでしょう。

仕事中は、基本的に仕事に関する会話しかしないという男性も少なくありません。業務上特に必要ないことでもあなたに話を振ってくる場合は、脈ありのサインと考えても良いでしょう。

しかし、仲の良い同僚としての行動と考えることもできます。他の同僚女性にも同じように話し掛けていないかチェックをするのがおすすめ。仲間意識が強く、常に同僚と交流しようとするタイプであれば、周囲の人にも声を掛けている可能性があります。

しかし、あなたに話し掛ける回数が頻繁であれば、あなたに好意があると捉えても良いでしょう。

《ふとしたときに目が合う》

好きな人や気になる人をつい目で追ってしまうのはごく自然なこと。人間は好きな物や関心がある物に対して視線が向く傾向があります。職場で彼と目が合うことが多ければ、あなたに気がある証拠かもしれません。

特に関心のない女性には、あまり視線を向けることはないでしょう。視線を感じて振り向いたときに彼が焦ったように目をそらせば、脈ありのサインといえそうです。

しかし、女性と違ってさまざまな心理状態から女性を見つめるのが男性の特徴。女性に仕事上の要件がある、気になることがあるといった状況でも目で追ってしまうことがあります。

女性が他の人と会話中だったり、男性がシャイな性格だったりする場合は、話し掛けるタイミングをうかがっている可能性があるので注意しましょう。
次のページ>>「6.社内恋愛はルールを守って」  
82 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ