恋愛
E子の婚活男子査定記録
19.Aug.2020

「イケメンとのデート中に休憩したい女」独女・E子「婚活男子の査定記録」【第28回】

その日、私は素敵な男性とのデートを楽しんでいた。おいしい食事をごちそうしてくれたその男性は、端正な顔立ち、スマートな立ち居振る舞い、何もかもが完璧だった。

ただ一点、彼女がいるという点を除いては……。

ピアノの生演奏が響くそのバーの酒は、強い

イケメンと店内の雰囲気に、酔ってしまう

イイ男とのデートは楽しいものである。

食事もおいしく、その日はついつい飲みすぎてしまった気はしたが、イケメンに2軒目に誘われれば、断るわけにはいかない。

彼は、落ち着いた雰囲気のバーに連れて行ってくれた。

ピアノの生演奏が響く、ほの暗い店内でノンアルコールドリンクを飲むのも色気がない気がする。そこそこに酔っぱらっている自覚はあるが、あともう一杯くらいなら飲めるのではないか……。

そんな時、男はこう切り出した。

男「何にしますか?」

E「じゃあ、コスモポリタンを」

完全に『セックス・アンド・ザ・シティ』の影響だ。私は色っぽい女にふさわしい(?)、その赤い液体を注文した。

しかし、それが誤算の始まりであった。
次のページ>>「ちょっと休憩したいです」って言ってもいいかな?  
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ