恋愛・結婚
E子の婚活男子査定記録

初デートディナーの約束で「金額、高いけど大丈夫ですか?」と聞かれた悲劇の末路 独女・E子「婚活男子の査定記録」【第61回】

デートで行った高級飲食店での割り勘について、テーブル会計時に店の人を待たせて、「〇〇〇〇円だから÷2して、えっと……」みたいなやり取りをするのって、全然スマートじゃなくね?

という想いから、その場では財布を出さずに膝に手を置いていたところ、嫌味を言われるという若手婚活女時代を振り返ったE子。(前回第60回参照)

なぜそのようなことを思い出したかと言えば、つい最近、会計について迷うことがあったからなのであった。

6ヵ国で仕事をした経験がある男

視野も広いに違いない

海外旅行ができなくなって1年以上経ち、私は異国文化に飢えていた。

世界の風、感じたい……!!

というわけで、婚活市場でグローバルな感じの人材を探し、会ってみることに。実際、国境を越えて仕事をしている人は視野も広くて魅力的な人が多そうだ。

私が会うことにした男性は、26歳、過去6ヵ国で仕事をした経験があり、複数の言語を流暢にあやつる塩顔色白マッチョ。職業は、なんだったか忘れたが、経歴はエリート臭い感じだった気がする。
次のページ>>「高いけど、大丈夫?」突然の確認をされて……  
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ