恋愛・結婚
あなたが結婚できない理由!

細木かおり『細木数子の後継者、細木かおりです』【プロローグ後半】

占いアンチだった子供時代

「今、かおりはこういう時期よ!」「ほら、言ったとおりになったでしょ!」小さい頃から要所要所で“ばあば”は私に六星占術に基づいたアドバイスをくれていました。これも羨ましく感じる人はいると思いますが、私は嫌で嫌でたまらなかったんです。

たしかに「当たる」とか「すごい」と思うことはありました。でも、あまりに“ばあば”の存在が近すぎて、反発ばかりしていました。「いくら当たるからと言って、その通りにしなくちゃいけないの?」「占いに従って考えないとダメなの?」。未来がわかることで自由がなくなるような気持ちになり、占いとの付き合い方がわからなかったんだと思います。

そんな占いアンチだった私ですが、“ばあば”の鑑定に一緒に入ることでだんだんと心境の変化が訪れてきました。鑑定前は悩みや心配事で暗い顔だった人が、“ばあば”の占いからアドバイスを受け、帰る頃には晴れ晴れした表情になっている。帰り際、「ありがとうございました」「本当に助かりました」「おかげで家族が仲良くなれそうです」という姿を何度も見るたびに、本当にすごい!と思ったんです。お客様の中には親子三代で通ってくれている常連さんもいるんです。お客様にこんなに信頼されて喜んでもらっている。そんな光景を見ているうちに、「私が六星占術の継承者を断ったら、細木数子が人生をかけた情熱で積み上げてきたものが途絶えてしまう……」「私の『やりたくない』という気持ちで終わらせてしまっていいのだろうか……」などという考えが浮かんできました。悩んだ末に、35歳のときに“ばあば”の願いを受け入れ、後継者になることを決めました。
次のページ>>正式に細木数子の娘として  
59 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ