恋愛・結婚
婚活アドバイザー植草美幸「婚活戦略女子」

「恋愛に発展できるかは自分次第!? “ちょっぴり掟破りな出会い”のパターン4選」恋愛・婚活アドバイザー植草美幸(第140回)

いまや芸能人だってDMで結婚する時代


こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で恋愛・婚活アドバイザーの植草美幸です。

みなさんは真剣な恋愛や結婚相手との出会いの場について、どんなイメージがありますか? 職場結婚や同級生、共通の友達の紹介、古い友人と急接近……もちろん、どれも素敵ですが、令和の時代はもっと視野を広げてみませんか。

先日もフォーリンラブのバービーさんがインスタDMで出会った一般男性と結婚した、という報道がありました。芸能人がSNS上のメッセージに個人情報である連絡先を送るというのは常識の範囲が広いというか、凝り固まった固定観念がなかったからこその出会いだなと感じます。ご本人も「魔が差した」と掟破りな出会いと認めつつ、「マッチングアプリで見る目を養ったから」ともおっしゃっていて、お人柄を直観で感じ取ったからこその大胆行動だったことのようです。

そこで今回は、婚活アドバイザーの私が見聞きした「結婚相談所の外」で起きた“ちょっぴり掟破りな出会い”のパターンを紹介します。

1 美容師や販売員さんと♡

行きつけのショップやヘアサロンでは、プライベートな話をすることで商品やスタイルを提案してもらいますよね。自然とお互いを知ることができて、職場も分かっているわけですから、マッチングアプリなどよりもよっぽど安心感があります。とはいえ、アピール方法が分からないという人は、「〇〇に行くアイテムを探しているんです」とか「この辺で〇〇が美味しいお店はあります?」などと世間話をして、「今度、一緒に行っちゃいます?」と無邪気に伝えればOK。恋人がいても大丈夫です。8割のカップルは3年以内に別れますから、フリーになった時にふと顔が浮かぶ存在になっておいて損はありません。
次のページ>>仕事でもオフでも、出会いはそのへんに転がっている!?  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ