恋愛・結婚
婚活アドバイザー植草美幸の「私を幸せにする結婚」

『婚活はわがままなほうが上手くいく! 愛され女子になるための5項目』恋愛・婚活アドバイザー植草美幸(第159回)

お行儀よくしようとして損していない?


こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で恋愛・婚活アドバイザーの植草美幸です。

婚活指導をしていると、今の婚活シーンの主流となるアラサー世代の人は「みんなと上手くやろう」「人に嫌われないように」と、いい人になろうとし過ぎて損をしている人が多いなと感じます。

SNSの発達で監視社会やキャンセル・カルチャーが進み、常に品行方正であれ! という重圧からか、日常でも自分の気持ちを押し殺して生活している人が増えているのではないでしょうか。一方で、匿名だからと悪質な書き込みをして誹謗中傷する人もいて、社会問題にもなっています。本来の自分を解放できる場がないのかもしれませんね。
女性の平均婚姻年齢は約30歳、日本女性の平均寿命は87歳(2020年厚生労働省調べ)ですから、別れなければ60年続くのが結婚生活です。そんな長期スパンのパートナーを選ぶ婚活で「自分を出せない」「我慢ばかりで疲れ果ててしまう」「婚活うつだ」……なんてやっていては、幸せな結婚生活は遠のくばかり。

社会人として戦略的に、用心深く八方美人を貫こうとするのは悪いことではありませんが、自分自身を追い込んでしまい、不幸になってしまっては意味がありません。婚活現場でもマスク着用が当たり前のコロナ禍のお見合いで、大声で話す男性に注意できず、あとで後悔したという女性がいましたが、嫌なことは嫌と言ってよいのです。

お行儀よくしようとして損をしてきた人は、むしろ、「婚活はわがままなほうが上手くいく」というのが私の持論。わがままな婚活を叶えるには、まず何事も「受け身」ではダメ。次の5つの項目をチェックして、意識を変えることから始めましょう。

次のページ>>愛され女子なるための5項目とは  
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ