恋愛
婚活アドバイザー植草美幸「婚活戦略女子」
24.Apr.2019

『長過ぎる春は訪れない!? 男性が結婚を意識するとき』婚活アドバイザー、植草美幸(第37回)

CASE

女性34歳・会社員 △ 男性36歳・会社員


8年間交際していた男性とは、ゆくゆく結婚するつもりだったというこの女性。付き合い始めた頃は交際していた男性が大学院生だったということもあり、結婚はまだ先と思っていたようなのだけれど、その後、男性が公務員となり社会人になっても結婚の話はまったくなく、ダラダラとお付き合いを続けてしまったそう。

交際の発展形が結婚とは限らない


これだけ長くお付き合いしていれば、誰もが結婚を意識していると思うわよね。でも、男性の中には交際の発展形が結婚と思っていない人が少なからずいるのよ。そもそも結婚に対してスイッチが入っていない状態。お互いいい歳だし、そろそろ結婚したいと女性に言われて、初めて結婚について真面目に考える男性もいれば、「だったら別れよう」と言う男性もいて、この女性がお付き合いしていた男性は後者だったのね。

ひと昔前までは、いわゆる適齢期の女性とお付き合いしたら、キズをつけたとして「責任を取る」という男気みたいなものがあったけれど、現代の男女平等の風潮の中では、別れてもお互い様。キズではないと思っている男性が多いみたい。「つもり」や「悟って」は通用しないということ。

失恋を機にマリーミーに入会したこの女性がお相手に上げた条件は、年齢5歳上まで、年収700万円以上。この条件に当てはまる男性と現在交際中。結婚したいとはいえ、まだまだ結婚の具体的なイメージが描けていないようなので、もう少し交際期間は必要だけれど、この女性は勢いがあるから目標の35歳までには結婚できるわよ。だって、ここにいる男性はみんな結婚したい人たちばかりなんですから。


次のページ>>男性が結婚を意識するきっかけとは!?  
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ