恋愛・結婚
婚活アドバイザー植草美幸の「私を幸せにする結婚」

尽くす女vs.尽くされる女、どっちが幸せ?【植草美幸の『私を幸せにする結婚』第2回】

「尽くしてくれる」とは、愛情を行動で示せるお相手ということ

「婚活で出会った男性に、初めて尽くしてもらった」という女性もいます。男性は彼女を一目で気に入って「こんな素敵な女性が僕と?」と喜んで、張り切ってエスコート。彼女は、お付き合いの経験はありましたが、「今までデートは割り勘が当たり前だったので、こういう文化もあるの!?」とびっくり。でも、それが段々と喜びに変わったようで、友達に「最近ルンルンしてない?」と言われて、自分が浮かれることに気づいたといいます。

口先だけではなく、愛情を行動に移してくれることが、愛されている実感につながるんですよね。

尽くす女はいまだモテる。でも「尽くされたがる男」は古い

とはいっても「尽くす女のほうが、男性受けがよくてモテるのでは? それって幸せじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

尽くしてくれる良妻賢母な女性と結婚したがる男性は確かにいます。でも、男女共働きが当たり前の今の時代、夫にばかり尽くしている暇はないのが妻の本音。男性こそ、意識改革が必要なのです。バリキャリ女性の会員が多い私の結婚相談所では、働く彼女のために家庭菜園をして、ご飯を作る男性が人気を集めています。

「結婚後はこんな暮らしをしたいから、こんな相手と出会いたい」と考えるのが婚活の基本です。誰でもいいから好いてくれる人を探す「モテ」のために、自分から尽くしてしまうのはただの愛し損かも。いずれ結婚しても、あとで自分の首を絞めることになるかもしれませんよ。

次のページ>>尽くされる女になるための2ステップ
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ