恋愛
婚活戦略女子
22.Jul.2020

『男性から結婚相手として選ばれるために。未婚アラサー女子がやってはいけない3つのNG行動』婚活アドバイザー、植草美幸(第100回)

話しやすくても話してはいけないことがある


こんにちは、青山で結婚相談所マリーミーを運営している植草美幸です。

前回「友達夫婦」の成婚が続いたことをご紹介しました。お付き合いの段階で、同性の友達同士や親友同士のような関係を築けると、結婚生活へのシミュレーションが進み、お互いの価値観のすり合わせも上手くいきやすいというお話でした。

しかし、どの段階でどこまで話すか、どう伝えるかという線引きを戦略婚活女子としては、きちんと意識しておきたいところ。カッコつけずにたくさん対話をすべきではあるけれど、オープンにし過ぎて身も蓋もなくなってしまうと自分の首を絞めることになりかねないわ。

実際の失敗例のケースを見てみましょう。

CASE

女性30歳・会社員 × 男性33歳・会社経営者

この女性は華やかな見た目で、ちょっと豪快なところはあるけれど、細やかな気遣いもできるタイプ。男性は若くして会社を立ち上げて、なんと年収1500万円。モテないタイプではないけれど、効率よく婚活したいということで結婚相談所に入会した方でした。

次のページ>>お酒好きの二人は、初デートでカジュアルダイニングへ
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ