恋愛・結婚
婚活アドバイザー植草美幸の「私を幸せにする結婚」

令和のいま考える「好きな見た目vs.経済力」結婚して幸せなのはどっち?【植草美幸の『私を幸せにする結婚』第12回】

究極の選択、あなたはどちらを選びますか

あけましておめでとうございます、恋愛・結婚アドバイザーの植草美幸です。

恋愛、結婚において、いつの時代も話題にあがる「イケメン貧乏とイマイチ金持ち、どっちがいい?」という究極の選択。つまりは、見た目かお金か、という身も蓋もない問いですが、婚活で切っても切り離せないテーマでもあります。年明け最初となる今回は、これを令和的な「私を幸せにする結婚」という目線で、実例を交えてマジメに紐解いてみたいと思います。

まずは「イケメン貧乏」ですが、こんな事例がありました。好きだから結婚したい気持ちとせめぎ合う、結婚後の苦労をどうとらえるかというのが論点です。
以前、ラジオで32歳の女性からこんな恋愛相談を受けました。「婚活では、男性の年収は700万円以上を希望していましたが、先生のラジオを聞いて金銭面で男性に頼ることはやめようと思い、二人合わせて600万以上の世帯収入があれば生活できると考えて、男性の年収は300万円以上あれば十分だと思えるようになりました」というのです。

よくよく背景を聞いてみると、イケメンフリーターの30歳の年下彼と付き合うことになり、価値観が合って、一緒にいて楽しくて、優しく気遣いもできて、おまけに顔も好きということで、今までの恋愛の価値観がガラッと変わったといいます。彼女の悩みは「このまま突き進んでいいのか? 非正規の彼では親に認めてもらえないのでは?」というもの。

私としては、すでに恋していて好きな人と結婚したいと思っているなら、どうであろうと貫くべき! というアドバイスをしました。

将来を慎重に考える婚活も応援しますが、将来どうなろうと自分が選んだ人と結婚するんだと決断した人がいれば、背中を押します。まずは結婚まで持っていって、どうやって結婚生活をしていくかを考えればいいのです。
次のページ>>いまはフリーターでもいいけれど、彼の将来設計を確認。
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ