恋愛
教えて! バツイチ先生
27.Oct.2020

「セフレの元彼と告白してくれた元同僚。どちらを選ぶ?」〜恋の賞味期限はスルーしちゃダメ!

人類史上、全女子が後悔したと言っても過言ではない恋愛の失敗。それが、もうこちらに気持ちがない元彼をひきずってグダグダしていた過去。これは将来、確実に黒歴史の一部となります。疑うなら、周りの誰かに聞いてみるといいわ。フラれた男にすがってセフレやキープに甘んじていた時間って、タイムマシンで過去に戻って自分をぶん殴ってでもやめさせたいくらいに無駄で馬鹿馬鹿しいことだから。

では賞味期限をどうやって見極めるか。

これはもう明白。
pattern_1
残念ながら、相手の気持ちの熱量が下がったら、それを再び燃え上がらせる手段はありません。復縁が上手く行くカップルというのは、熱量以外の他の問題で別れたふたりのこと。彼の気持ちが冷めたという理由(仕事が忙しいも結局これ)で別れたとしたなら、やり直しても、前のように大事にされる可能性は、ないに等しいわ。
それなのに多くの生徒たちが今日も先生の職員室に「復縁したいんです」「元彼とセフレになっちゃいました」って駆け込んでくる。

目を覚まして! あなたのこと大事にして優しくしてくれた彼は、もう存在しないのよ。恋が終わった瞬間に、その彼も消えたの。

みんな、あんなに優しかった彼が冷たくなるなんて事実が信じられなくて、フラれると、とりあえず彼にしがみつく。自分ががんばれば、もう一度彼が優しくなって、振り向いてくれるんじゃないかって。

だけど切ないけど、一度大事に思えなくなった相手に、元のようにはがんばれないのが人間。彼の優しさに甘えて「会ってくれるから」って期待しても、それは愛されてることにはならないの。
次のページ>>そしてあーのんさんの場合、選ぶもなにも……  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ