恋愛
教えて! バツイチ先生

恋愛下手を卒業するための集中講座vol.2「恋は焦らず、釣りだと思え!」

だからかなでさんが今できることは、彼と話したり目が合ったときに可愛いって思われるよう毎日可愛くしておくことと、会話したときに話が弾むよう、自分の中のインプットを増やしておくことくらい。

そして「どうやったら心に余裕を持てる自分に変われるか」ということなんだけど、これはもう、男性と話す経験を積むしかないのよね。

異性を意識しすぎちゃう人って、異性を特別視しちゃってるってことでしょ。「何か面白いこと言わなきゃ!」って思うこと自体が、意識しすぎだし力みすぎなの。だけど相手が力んでると、こっちも警戒するし意識しちゃうわよね? そこで、人見知りだった先生が、今や職場や出会いの場で誰とでも話せるようになったコツを紹介するわね。

1.「よく見せよう」って気持ちを捨てる
2.「相手も緊張しているただの人」だってことを認識する
3.相手に興味を持って話を聞く

この3つだけ。
まず、よく見せようと思うとつまらないことが言えなくなるから、余計に話が空回りするでしょ? だけど合コンじゃなくて世間話なんだから、盛り上げる必要なんてないの(笑)。ただ、相手が話しやすい空気を作るように意識して。
人って、自分の話を聞いてくれる人に好感を持つもの。だからかなでさんも、地道に思えるかもしれないけど、まずは「この子、話しやすいな」と思われることを目指すところから始めて。

あとはもう、職場のなんとも思ってない上司とかカフェの店員さんとか、相手は誰でもいいから、とにかく男性との世間話に慣れる、これしかない! 本当はアプリでも利用して、いろんな男性と話す免疫をつけて欲しいくらい。それくらい、男性に慣れるのは場数を踏むしかないのよね。それと過剰な自意識を捨てる。よく思われようとするのをやめると自然体で居られるから、そっちの方が実はすごくモテるようになるの。
モテる男性って、爽やかで異性にかっこつけたりしてないでしょ? 女性も同じ。
次のページ>>それとね、かなでさんも自分で気がついているように…  
46 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ