恋愛・結婚
教えて! バツイチ先生

「38歳の主婦。お見合いで出会った夫との結婚を後悔しています」〜アラフォー世代のタラレバ症候群にご用心!

pattern_1

Q.38歳女性です。35歳でお見合い結婚し、今年息子を出産しましたが、今になって私の選択が間違いではなかったかと後悔しています。

2つ上の夫とは33歳でお見合いで出会ったのですが、同時期に別の男性ともお見合いし、何度か会っていました。その男性は私より年下で大学の教授。頭も良く話題豊富で会話も面白く、美食家だし一緒に居て楽しい人でした。アクティブで元気をもらえる感じで、コアな音楽の趣味も私と合いました。ただ、背は高いけれど太っていてあまり女性慣れしていない人で、オタクっぽい部分がありました。彼の太り過ぎなところが気になり、相手からは結婚を前提に交際したいと言われたのですが、半年ほど保留にしていたところ、向こうから「私の気持ちがわからない」と交際終了を告げられました。

当時、今の夫からも交際を申し込まれ、どちらにするか苦しいほど悩んでいた中、お断りされた形です。もう会えないことがショックでさみしくて、そうなってみて初めて、彼に惹かれ始めていたことに気づきましたが、その後SNSで、半年後に彼が別の人と入籍したことがわかりました。結構前のめりにアプローチされていたので、それもショックでした。

今の夫は会話下手だしおとなしいしあまり魅力を感じないし、ときめきもありませんでしたが、真面目で優しい人で可もなく不可もなかったのと、年齢のこともあり彼を逃したら一生結婚できないかもなあと思い、子供も欲しかったので決断しました。

しかい最近、ネットで大学教授の彼の活躍を目にすることが増え、彼のことをつい思い出してしまいます。会話が盛り上がらない夫との生活はつまらなくて、彼を選んでいれば楽しい毎日だったのかなと妄想してしまいます。今になって「外見なんてどうだっていい、オタク最高じゃないか、一緒に居て楽しい彼を選びなさい」と、あの頃の自分に言ってやりたいです。そんなことばかり考えて、夫にも申し訳ないです。どう心の整理をすればよいでしょうか。バツイチ先生の記事を読み、自分の結婚に対する認識の甘さに泣きたくなります…。(きょん)

は〜〜い、今日はアラフォーに突入して、「この結婚失敗だったかも、別の人と結婚しておけば人生違ったかも」って後悔してる生徒、全員集合〜〜〜!

その後悔の正体は、男女問わずアラフォー世代が陥りがちな、単なるタラレバ症候群です。
人間、40代目前になって若さが失われてくると、「これが自分の人生変えるラストチャンスかも」と焦る気持ちが湧いて来るのよね。だから目の前の現実に不満を感じると、昔自分に与えられていた(ように感じる)選択肢に想いを馳せて、「あっちを選んでいたらどうなったかな」、「もし彼と結婚していればもっと幸せだったかも」と妄想することで、現実逃避したくなります。これが「タラレバ症候群」。

アラフォーになって元彼に連絡したり、不倫にハマったりする人が増えるのも、同じ理由から。それについてはこの授業で詳しく書いているから復習してみてね。要するに、「自分の人生、これでよかったのかな」と悩んだり、「このまま終わるのは嫌だな」と焦ったりするから、悪あがきしたくなるのがこの世代ってこと。
次のページ>>きょんさんは、結婚したくて子供も欲しくて…  
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ