恋愛
教えて! バツイチ先生
14.Jan.2020

「セフレ」の彼と、一緒に居て楽しければこのままでもいい?

先生の周りには、グレーゾーンだった相手に尽くしまくって結婚まで持ち込んだ女性も何人か居ます。これにはひとつ共通点があって。彼らは、「グレーゾーン」の女性と長期間に亘って肉体関係を持つような男性だから、浮気性。相手の女性は、それを受け入れた上で許していて、なおかつ男性側に何らかのメリットがある。=資産家の娘だったり、かなり稼いでいたり、料理上手で床上手だったり、などなど。

正直、愛情というより、「メリット」が決め手、という感じ。

よぴさんの相手が浮気性かどうかはわからないんだけど、まあ、そういう例もある、というお話よ。

それでね。最初に触れたように、正直、この先ふたりの関係がどうなるかなんて、わからないのよね。

だけどあなたは、「今の関係も結構楽しいから、このままでもいいかな」って思ってるのよね? それならその気持ち、信じてみたらいいんじゃない?

ただし、自己責任で。


安心させてほしいって気持ちは、すご〜〜〜くよくわかるわ。
だけど「それで大丈夫」とは、言ってあげられないの。

ただ。自分で「決めて」、グレーゾーンでもいいから一緒に居るんだ、っていう気持ちがちゃんとあれば、いいと思う。今ははっきりさせられないし、でも楽しいから一緒に居たい。それって打算じゃなく、恋だからでしょう?

本当なら、絶対に結婚したいなら、そんなギャンブルみたいな関係、選ばないと思うもの。だけど惹かれちゃう。たとえば無理にその気持ちを押し殺して婚活したとしたって、自分が納得してなかったら、きっと彼と比べて、うまく行かないと思うの。だったら期限を決めて、気が済むまで(もしくはフラれるまで)一緒に居るのもひとつよね。

だけどひとつだけ約束してほしいの。

もし、「楽しい」よりも「辛い」気持ちの方が上回ったら。 そのときは、ちゃんとその関係に決着をつける勇気を持ってほしい。

それと、

「彼に大事にされてないな」と感じることが一度でもあったら。そのときも、彼からは離れてほしいの。


付き合ってないけど身体の関係はある。
その関係自体には何も問題ないけれど、相手が自分をリスペクトしてくれていないなら、話は別。

女性は、男性から大事にされるべきなの。そしていちばん大事にしてくれる相手と結婚すべき。

pattern_1
それに何より、大事にしてくれてないってわかっている相手と結婚したら、絶対に幸せにはなれないわ。

先生も、恋に見切りをつけるのは「相手にリスペクトされてないな」って感じたとき、って決めています。正直、それですぐに気持ちを吹っ切るのは言うほど簡単ではないけど、大事にしてくれない相手と居てみじめな気持ちになってるときって、すんごいブスになるんだもの(切実)!!

そんな相手にしがみついていていい結果になったことって、聞いたことないしね。
よぴさんがまだ若いなら、一度くらい、愛してくれない相手にしがみついてみるのもいいと思うけど30歳超えたら、なるべく、思い出したときに「うわああああ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」って叫びたくなるような黒歴史、これ以上増やしたくないじゃない?

大丈夫、一回痛い目に遭っておくと、次からは二度とそういう関係を持とうと思わなくなるはずよ。つまり、うまく行っても行かなくても、自分の肥やしになる。今の時間が、無駄になることはないから。

最後に教室のみんなに、

グレーゾーンの関係を回避するたったひとつの方法を伝えるわね。

次からは、必ず、

pattern_1
これを徹底すれば、二度とグレーゾーンで悩むことはなくなります。
そしたら恋愛の悩みの4割は解決するから! 忘れずにメモっておいてね。

それじゃあ、今日の授業はこれにて解散っ!

\みんなからの恋愛お悩みを絶賛募集中よ!/

お名前(ハンドルネーム可)とお悩み内容を受け付けているわ。ぜひ、わたしに相談してね。

バツイチ先生プロフィール

突然with onlineに現れた謎のバツイチ女性ライター。 年齢はヒ・ミ・ツ♡ 大好きな夫と幸せな結婚生活を13年間送ったのち、まさかの離婚。そんな手痛い経験から、ありとあらゆる恋愛本やカウンセリング、スピリチュアルルールを試しまくった過去を持ち、ほんとうの愛やハッピーになれるための恋愛、結婚について考察を重ねる。「結婚を安心するための目的にしない」、「恋愛にマニュアルなんていらない!」という信念のもと、みんなの恋愛・婚活のお悩みを一度愛に破れたバツイチならではの視点から、一緒に考えて行きます!

Twitter公式アカウントはこちら。(https://twitter.com/batsu1teacher
恋愛のお悩みも募集してます
イラスト/yumika
 
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ