恋愛
教えて! バツイチ先生
02.Nov.2019

モラハラ予備軍の彼から今すぐ逃げて!「知り合った彼にダメ出しされてます」

pattern_1

Q.マッチングアプリで会った彼にダメ出しばかりされています。

「マッチングアプリで知り合った人と何回か会いました。私25歳、彼は27歳。自営業を継いだ職人さんです。本気で結婚したくて婚活中だと言っていました。
まだ付き合っていないのに、3回目のデートで「ここを直した方が良い」「良いところがいっぱいあるし魅力的なのに惜しい」「性格に問題がある」「顔は可愛いけど惜しい」などと言われました。

たしかに私は疑い深く、相手を信用できないときは試すようにわざと皮肉のようなことを言ったり、素直じゃなかったり可愛くない態度を取ってしまったりします。

『元彼は良い人だった』って言うけど、君が今そうやって欠点が直ってないということは、その元彼も良い男じゃなかったと思う」「俺は本気で結婚する人を探してるから、君にきちんと向き合ってここまで話してるんだ」とも言われました。
ここまで言われても、私は彼のことが好きです。どうしたら良いでしょうか」(うさこ)

***


はい、みんな黒板に注目〜〜〜〜!!

まず、今日の授業でいちばん大事なことをお伝えします。
pattern_1
付き合う前からこうして先生に相談してるってことは、うさこさんはその彼に違和感バリバリ覚えてる、ってことなのよね。ホントは気づいてるでしょ? その彼がおかしいってことに。

人間は、本能的に危険を感じ取れる直感をちゃんと持っています。
だから、付き合う前に感じた違和感は、ほぼ、「付き合うな」のサインだと思っておけば間違いありません。これをスルーして、幸せになった人を先生は見たことがありません(キッパリ)。

それからね。
結婚に必要なのは、

相手を許す力です。


その彼のように「減点主義」だと、結婚生活は地獄になると思うわ。

完璧な人間なんて居ない。だけど、その欠点すら受け入れられる、その覚悟がある。―そういう気持ちがなければ、結婚生活なんて続かないわよ?

お互いのダメなところを凹と凸のように補い合って、譲歩し合って夫婦になるの。

そして人間、そう簡単には変われません。
そんなことも理解せず、「俺好みじゃないから、欠点を直せ」って簡単なことのように他人に求めるのは、すごく傲慢なこと。

まだ出会って3回なのに、すでにうさこさんにダメ出しばっかりしてるって、
「お前はどれだけうさこさんのこと知ってるんだよ?」っていうのと、
「人にダメ出しできるほど、お前は完璧な人間なのか?」ってことを、
彼に問い詰めたい(笑)。

ホントなら、うさこさんはそんなこと言われたら、「それなら結構。どうぞあなた好みの女性を気が済むまで探してくださいな」ってキレていいレベルよ。
次のページ>>はっきり言うと、その彼は…
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ