恋愛
教えて! バツイチ先生
30.Oct.2020

「運命の人には婚約者が。すべての人を不幸にしたこの恋の意味は?」〜好きなのに別れなければいけない関係について

pattern_1

Q.お互いに大好きになり、運命だと感じた相手には婚約者がいました。彼も私を選びたいと言って婚約者と家族に話してくれましたが、結局私たちは別れてしまいました。すべての人を不幸にした私たちの恋は一体何だったのでしょうか。

なんどもあきらめようと試みましたが、それでもあきらめきれず、私を選んでほしいと伝えました。彼も私を選びたいと言ってくれて婚約者と家族に話してくれました。
でも周りからの反対がすごく、彼の心がどんどん不安定になり、私もそばにいたいという気持ちと不安な気持ちが大きくなって不安定な状態になり、「もうがんばれない」と別れを告げられてしまいました。
私はそれをすぐに受け入れ、幸せになってほしいと伝えましたが、本当は私が彼を幸せにしたかったです。後悔もなく復縁は望んでないと思いますが、今もなお、彼への気持ちがなくなることはありません。
すべての人を不幸にした私たちの恋愛はいったい何だったのか。私が彼と出会った意味は何だったのか、教えてほしいです。(あおちゃん)
好きなのに一緒にはなれない。とても切ないけれど、そういう関係も世の中には存在します。出会った順番が悪かったと運命を呪いたくなるし、「神様はどうしてこんな試練を私に与えるの?」と絶望もしたくなる。

だけど

pattern_1
人を好きになったときの心の動き。すべての物事に対して感性が鋭敏になり、世界のすべてが美しく見えるあの感覚。好きな人の目を通して、今まで知らなかった自分の一面を発見する驚き、などなど。

例え悲しい終わり方をしたとしても、一緒になれなくても、「あの人じゃなければ味わえなかった」様々な感情を味わうのが恋愛の意味。ほかの人ならこんなに気持ちが揺れ動いたり、会えないだけで不安定な気持ちになったりはしなかったはず。そして一緒に過ごす時間の喜びが大きかったからこそ、相手を失う痛みも激しい。

それは、あなたが本物の恋をしたという証しなの。
次のページ>>そして人生でそういう経験をしたことがあるというのは…  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ