恋愛
教えて! バツイチ先生
28.Apr.2020

幸せな恋をするには「恋の減点主義」をやめること!

pattern_1
長く続いているカップルや夫婦の共通点。それはどちらかが、「相手を受け入れる力」が大きくて、「加点方式」であること。最初は好きだった彼に、いつも冷めて幻滅しちゃうっていう子は、もしかしたらマイナス面ばかり見てしまう「減点方式」になっているのかもしれないわ。

恋愛や結婚において幸せになれる能力が断然高いのは、

pattern_1
一度好きになったら、どんどん相手のいいところをみつけ出して好きになるから、「好き」の折れ線グラフは基本的に右肩上がり。長く一緒に居ても、高め安定をキープできる。

対する「減点方式」の人は付き合ったときが愛情のピーク。自分のものになった途端、相手の「ないもの」にばかり目が行ってしまい、イライラしはじめる。愛情の折れ線グラフは下降を辿る一方。そうすると相手も、また相手をがっかりさせるじゃないか、嫌われるんじゃないかって萎縮し始めてのびのび振る舞えなくなるから、出会ったときのその人らしい良さは薄れて行ってしまう。→ますます心が離れる、の悪循環に。

ね? どっちの方が付き合っていて楽しいかは、一目瞭然でしょ?

同じひとりの人間が居たとして、加点方式のパートナーはその人の欠点は個性として受け止めて、それよりも素敵な部分を評価することで伸ばそうと、無意識にしてくれるの。だから一緒に居ると自分が素晴らしい人間になったような気がして、こっちももっと相手を喜ばせてほめてもらいたいと努力できる。

減点方式のパートナーといると欠点のみを拡大鏡で引き伸ばして見られるようなものだから、卑屈になるし、自信がなくなって行く。どちらも同じあなたなのに、加点方式の人と過ごすのと減点方式の人とでは、見られている場所が全然違うっていうのがわかるかしら? 一緒に過ごす時間の幸福度とあなたの自己肯定感に密接に影響してくるから、どちらを選ぶかはとっても大事。

ちなみにね。別れたときに「惜しい」と思って記憶に残るのも、加点方式のパートナーの方よ。人って自分が愛した人よりも、愛してくれた人の方を忘れられないものなの。これはきっと、年齢が上になったらわかること。だから自分の美点を自分よりもよく知っていてみつけてくれる相手に会えたら、その人のことは大事にして。

パートナーに選ぶなら、ありのままを受け止めてくれていいところをみつけてくれる、加点方式の人。大事なことだから、ノートにアンダーライン引いておいてね!

それじゃあ今日の授業は、これにて解散っ!!

こちらの授業も復習してみてね!

\みんなからの恋愛お悩みを絶賛募集中よ!/

お名前(ハンドルネーム可)とお悩み内容を受け付けているわ。ぜひ、わたしに相談してね。

バツイチ先生プロフィール

突然with onlineに現れた謎のバツイチ女性ライター。 年齢はヒ・ミ・ツ♡ 大好きな夫と幸せな結婚生活を13年間送ったのち、まさかの離婚。そんな手痛い経験から、ありとあらゆる恋愛本やカウンセリング、スピリチュアルルールを試しまくった過去を持ち、ほんとうの愛やハッピーになれるための恋愛、結婚について考察を重ねる。「結婚を安心するための目的にしない」、「恋愛にマニュアルなんていらない!」という信念のもと、みんなの恋愛・婚活のお悩みを一度愛に破れたバツイチならではの視点から、一緒に考えて行きます!

Twitter公式アカウントはこちら。(https://twitter.com/batsu1teacher
恋愛のお悩みも募集してます
イラスト/yumika
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ