恋愛・結婚
教えて! バツイチ先生

「結婚前提で交際中のバツイチ彼氏の過去に嫉妬」〜迷いやモヤモヤがあるのは「結婚するタイミングではない」というサイン

pattern_1

Q.バツイチ彼氏の過去に嫉妬します。

今年でお互いに29歳になります。わたしは未婚ですが、彼はバツイチです。同期なので彼の結婚式にも出席しました。彼が離婚してからほどなくして付き合い始めたのですが、きちんと離婚理由も聞き、納得したうえで結婚を前提に付き合っています。母もバツイチに偏見なく応援してくれています。

素を受け入れてくれ、言葉や行動で安心や安定をくれる反面、付き合って半年経った今になって、付き合う際に「盛大な挙式はできないかも」と彼に言われたことや、私と付き合っていることをいまだ誰にも言っていないこと、私の両親に会いたがらないなど、色々とモヤモヤしています。

また、住民票を見てしまい、彼の本籍が未だに元嫁との家の住所であることや、彼が元嫁からの手紙を持っていることを知ったときは非常にショックを受けました。

もし今後結婚した場合、私には初めてのことも彼にとっては2度目であることも今になって嫉妬してきてしまいました。離婚してからまだ1年も経っておらず、私との交際歴の短い彼にはどこまで言っていいのかわからず、何も伝えていません。 彼を好きな反面、本当に彼の過去を受け止められるのか、彼が今後どうしていきたいのか、聞きたくても聞けず不安です。 わたしは今どうするべきでしょうか?(ロイヤルブレッド)
は〜い。今回は、結婚前提の交際中だけど、彼に聞けないモヤモヤや不安があるという生徒のための授業よ。

はじめに伝えておきますが、
pattern_1
結婚生活は、話し合って決めることの連続。交際中はなぁなぁで何とかなっていたことも、日々の生活となると、適当に放っておいては何とかならないことだらけ。

例えば毎朝のゴミ出しや食事の後の食器洗いはどっちがやるかという細かい家事の分担から始まって、どこに住むか、貯蓄はどうするか、今度の休暇はどう過ごすか、などなど。決めないとならないことが山積み。そしてそういう些細なことに不満や不安が出てきたときに、その都度きちんと向き合って話すことができない相手とは我慢して暮らさないといけないのでストレスが蓄積されて行くことになります。

結婚とは家族になることなので、自分の本心を誠実に伝えたならば、相手が真剣に受け止めてくれる。この安心感が持てる相手だというのが大前提。本音を伝えて壊れるような脆い絆しかない相手とは続けるのが難しいわ。もちろん、最低限の気配りはした上でね。

だから結婚して上手くやっていけるカップルというのは、結婚前から変な遠慮をせずとも、お互いの不安やニーズをちゃんと伝えられているもの。それは自分が不快に思うことなら、相手がきっとできる範囲で解消しようと努力してくれるという信頼感があるからなのよね。

ロイヤルブレッドさんは彼のことを「素を受け入れてくれ、言葉や行動で安心や安定をくれる」と書いているけれど、本当はまだ彼の愛情に不安があるんじゃないかしら。

そして結婚するときは、自分の心が100パーセントのGOサインを出さない限り、それは「まだ結婚するタイミングではない」ってこと。条件がいいとか悪いとかは関係ないの。自分の中に1パーセントでも迷いがあるならば、「私はこの人と絶対に結婚したい!」と思えるまで悩んだ方がいいわ。
次のページ>>ここからは、そのバツイチの彼について考察していくわね。  
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ