恋愛
教えて! バツイチ先生
04.Jan.2018

大好きな彼と幸せな結婚をするためのチェック項目 「相手選び編」Vol.3〜その彼、あなたを笑顔にしてくれる?〜

教室のみなさ〜〜ん! 今日は
「大好きな彼と幸せな結婚をするためのチェック項目
相手選び編シリーズ」

の続きを講義しちゃうわよ。


Vol.2でも言ったけれど、恋する女子が切実に知りたい恋のお悩みのひとつに、


っていうギモンがあるわよね。

突然だけど、みんなはイギリスのハリー王子とメーガン・マークルの婚約発表の記者会見の様子を観たことがあるかしら?
先生はね、インターネットで読んだふたりのラブラブっぷりが伝わって来るインタビューの内容にうらやましいと同時に、
「このふたりの結婚は上手く行く……!」と確信したのよ。


——そのインタビューの詳しい内容は、こちらの記事でチェックしてもらうとして。

どうしてかって言うと。色々理由はあるんだけど、そのひとつが、ハリーのこんなエピソードなの。



「初めて会ったとき、本当に驚いたんだ。
そして目の前に座った彼女を見てこう思ったよ。
『よし、僕はここで本気を出さなきゃいけない。
楽しい会話をしないといけないぞ』
ってね」



男性ってね、なぜか、好きな人のことを笑わせたくてがんばっちゃう生き物なの。これはまた別の機会に詳しく話したいんだけど、男性の愛情表現って、基本的には5歳児のときから変わらないのよね。あなたもそれくらいの年齢の男の子が、ママに何か面白いことを言ったりやったりしてしてちょっとでもウケると、それをしつこいくらいに何度も繰り返してるとこ、見たことあるでしょう? 女児は「可愛い」って言われるのが嬉しいけど、男児は「面白いって言われたい」、っていう気持ちが強いの。
それは、ひとえに


好きな人を笑わせることでその人の笑顔が見たいし、自分が好きな相手を笑顔にさせてあげられる存在だと思いたい。そんな、ケナゲで自己犠牲精神が強いのが、男の子。

だからもし、彼があなたのことをいつも笑わせようと自分のかっこわるいエピソードをあえて面白おかしく話してくれたり、LINEでヘンなスタンプをあなたにウケたいがためにわざわざ購入して送って来たりしたら、それは実は彼にとって最高の愛情表現なんだ、ってことに気づいてあげてね。

結婚生活っていいときばかりじゃない。落ち込むことやケンカするときだってある。だけどそんなときも、


結婚はお金。そんなことを言う人も居るけど、私は笑顔の方が重要なんじゃないかと思うの。だってお金があっても不幸なことはあったとしても、笑顔があるのに不幸で居るのは難しいもの。——欲を言えば、どっちもあるのが理想だけどねっ(笑)——。

そんなワケで、ハリーはきっとこれからもメーガンのことを笑顔にしてあげるためにがんばる、良きプリンス、良き夫になるんじゃないかしら。

——って、あらヤダ、放課後のチャイムじゃない!
またまた長くなっちゃったわ。
質問がある人は休み時間に職員室まで来るように。
では本日はこれにて、解散っ!!

みんなからの恋愛お悩みを絶賛募集中よ!

お名前(ハンドルネーム可)とお悩み内容をhttps://jn.kds.jp/with/5174/で受け付けているわ。ぜひ、わたしに相談してね。

バツイチ先生プロフィール

突然with onlineに現れた謎のバツイチ女性ライター。 年齢はヒ・ミ・ツ♡ 大好きな夫と幸せな結婚生活を13年間送ったのち、まさかの離婚。そんな手痛い経験から、ありとあらゆる恋愛本やカウンセリング、スピリチュアルルールを試しまくった過去を持ち、ほんとうの愛やハッピーになれるための恋愛、結婚について考察を重ねる。「結婚を安心するための目的にしない」、「恋愛にマニュアルなんていらない!」という信念のもと、みんなの恋愛・婚活のお悩みを一度愛に破れたバツイチならではの視点から、一緒に考えて行きます!

イラスト/yumika

1 件

キーワード

あなたへのおすすめ