恋愛
SEXのお悩みは現役AV女優におまかせ
04.Aug.2018

紗倉まなのエロモテ課外授業『羞恥心を感じずHがしたい!』【第36回】

今回のまなちゃんのお悩み相談は、Hのときの羞恥心について。ついつい彼の顔色を窺ったり、自分の体型を気にしたり…行為の最中にいろいろと頭で考えてしまうことはありませんか? 羞恥心を感じずにHをするにはどうしたらよいのでしょうか? まなちゃんに聞いてみましょう。
 ♥ 質問 ♥ 
Hの最中に「いま私、変な顔しているかな?」「変な声出ちゃったかも」などの羞恥心をとても感じてしまいます。そしてその羞恥心が私の快楽の邪魔をしているような気がしています。
「いまは声を出しておいたほうがいいかな」「これであっているかな?」など頭の中でいろいろ考えてしまい、Hに没頭することができません。
どうしたら快楽だけに浸るHができるようになりますか?
いろいろ考えすぎてしまい、あまりHを気持ちがいいと思えません。


Hのとき自分は相手にどう映っているの?

セックスもコミュニケーションと通じる部分があるのは確かで、話しているときに相手の顔色を窺うように、「これであっているのかな?」と不安になる気持ちはとてもよくわかります。

男性が興奮するようにと過度に演じてしまったり、確かな自信がないために所作までもが消極的になってしまったり…ベッドの上ではきっと、そんな風に女性側の奮闘というのは、様々な吹き出しを浮かべているのではないでしょうか。
加えて、男性側には決して悟られぬようにと演じることまで入り、とことん「開放的なセックス」からかけ離れていくことに思い悩むのかもしれません。

ご相談者様は「羞恥心」とおっしゃっていましたが、これって、自分が相手にどう映るのかを客観視している部分というのも実は強くて、そんな冷静な部分がセックスの邪魔をしているとも言い換えられるのかもな、と感じたりもしました(この解釈が勘違いでしたら、本当にすみません…)。

次のページ>>「恥ずかしい気持ちを言葉にしてみる」

26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ