恋愛
SEXのお悩みは現役AV女優におまかせ
05.May.2018

紗倉まなのエロモテ課外授業 「Hで演技をしてしまう」【第23回】

今日の相談はHで演技をしてしまうという内容。ありのままの自分でいることと、彼が好きだから演技をしてしまうこと。果たしてどちらが正解なのでしょうか? さっそくまなちゃんに聞いてみましょう。
 ♥ 質問 ♥ 
彼のことは大好きなのですが、彼とのHは気持ちよくありません・・・。 彼を傷つけたくない気持ちから、いつもちょっとオーバーな演技をしてしまっています。私が大きな声を出すほど、彼が喜んでくれるのでもう今さら止められません。 これは彼に打ち明けないほうが良いですか? Hの最中にどうやったら自然体でいることができますか?


感じているフリは悪くない!

私も撮影の時、どんな人とのまぐわいでも最終的に同じような・・・
つまり、「オーバーめな」反応をしてしまうことがとても多いです。

しまいには“浜辺に打ち上げられたトド”のような低い唸り声を出すので、
よく「うるさい」「単調」と言われたこともありました。
(今では少しだけ、猫をかぶれるようになりました)。

相談者様の「好きなのに気持ちよくない」という切ない溝も含め、
どうしたらいいのか、私も一緒に考えさせていただきますね。

まず、オーバーな演技についてですが、これってあながち悪いことではないような気がするのです。

撮影でとんでもなく巨根の男優さんと、エコサイズの男優さんとの3Pをすることがあるのですが、大きいものが抜け、それよりも一回り以上サイズの小さいイチモツが入ってきたときに、毎回悩むことがあります。

それがやはり、気持ちよさの差、つまり“喘ぎ声の差”なんです。
(もちろん大きいサイズだけが絶対的な気持ちよさにつながるとも限らないのですが、その時ばかりはやはり、快感の違いを露骨に感じてしまいました)。

明らかに喘ぎ声の温度差があったら相手も傷いてしまうのではないかと、大きいものが挿入されたときと同じくらいのボリュームで喘ぎ声を発するのですが、妙に意識をしているせいか、この塩梅が難しく体に力が入ってしまうのですよね。
女性はHをしながらいろんなことを考えている

喘ぎ声が露骨に大きくなりすぎても、もしくは小さくなってしまっても、相手にはきっと何かしらのコンプレックスを感じさせてしまいそうですし、
とはいえ同じ喘ぎ声を連発すれば、「この人はワンパターンで本当に感じているのかわからないな」と思われてしまうかもしれない。

そんな、色々な葛藤を繰り返しながらのセックス・・・。

女性からすると、気遣いに満ち溢れた、多少のしんどさや面倒くささを感じられる瞬間でもあると思います。

女性ってきっと、セックスをしながら本当にいろんなことを考えているんだと思うんですよね。

とはいえ不思議なのが、同じような状況とリアクション(喘ぎ声)をもってしてでも、受け取る相手によって全然違う余韻になる、ということなんです。

「俺のはあまり大きくないからなぁ、ごめんね、気持ちよくなかったでしょ」と寂しそうに笑う男優さんもいれば、
「すごい感じてくれましたよね?本当に興奮できました、ありがとうございます!」と笑う男優さんもいます。

こんな風に、セックス後の感想って人によって違うんですよね。
私の反応をどう解釈するかは、その男優さんの気質によって全く持って異なるのだなと、当たり前なことを痛感しました。
思いやりからくる演技

テレビで食レポを見ていても、何もかも「美味しい」としか発言できないような、あの感覚とどこか似ているような気もします。

テレビを観ていて、「まずくてもさすがに本音は言えないよね」と思うのか。
それとも、「本当においしそうだから今度食べに行きたいなぁ」と思うのか。

相談者様の内容からすると、もしかしたらパートナーの方は、後者のような前向きな受け取り方をする、とても純粋な方なのかもしれません。

純粋なのは良いけど、少しは私が演技していることもわかってほしい・・・気持ちよくないことも察してほしい、という相談者様の心の内もとてもよくわかります。

とはいえ、「本当は気持ちよくないんでしょ」と毎回卑下されるよりかは、
「本当に気持ちよくなってくれているんだ!」と嬉しく思ってくれる方が、
演技をしたことが本当の意味では報われていないにせよ、女性側としては気持ちが楽ですよね。

悪い意味で言うと、男性側は「鈍感」ということになるのかもしれませんが、
それでも、男性の自信をそぎ落とす結果になってしまうよりは、何倍も良いと思ってしまうのです。

うーん、“相手のもって生まれたもの(サイズや形や体質)を尊重する”という感じでしょうか・・・。
“演技”をしてない風の“演技”は難しい!

さきほどまでとはまた別の角度の話になりますが、
「男性が勃起をしてくれているおかげでセックスが成立している」と考えてみると、
女性はせめて、相手の興奮を手助けするためにも多少の演技は必要なんだろうな・・・と思っていた時期もありました。

女性からしてみれば、演技を一度覚えてしまったら、はじめの頃のような「ナチュラルな反応」をするのが格段に難しくなってしまうのだと思います。

演じることに長けているからこそ、「ナチュラルになろう!」「素になろう!」としてみても、
今度は「演技をしない演技」を頑張る方向にいってしまうような気がするのです。

喘ぎ声の引き算って、至極難しい・・・(化粧みたいなもんかな・・・)。
次ページ>>気持ちいい=自然体になれるわけではない
24 件

キーワード

あなたへのおすすめ