恋愛
SEXのお悩みは現役AV女優におまかせ
17.Mar.2018

紗倉まなのエロモテ課外授業「心も体もとろけるようないいHをするには?」【第16回】

彼との関係を深くするために、“今よりいいHがしたい”。こう思っている人も多いのではないでしょうか? そのためにはどんなことが必要なのでしょうか。with読者のHの先生・紗倉まなちゃんにその方法を聞いてみましょう。
 ♥ 質問 ♥ 
彼と今よりももっといいHを体験したいと思っています。
そのためには、キャンドルをたく、アロマをたく、音楽をかける・・・など雑誌にはいろいろと情報が出ていますが、まなちゃん、何か良いアイディアやご自身の経験などありますか?
(病院勤務・28歳)


リラックスでいる状態が一番大切!

以前、女医さんとの対談で、「部屋をほの暗くして(暖色の電球ならさらに良い)、キャンドルをたいた状態でセックスをするとイキやすくなる」といったお話をうかがったことがありました。
本当に、今のご相談内容に書いてあるような(キャンドル、アロマ、音楽などの)具体的なことも仰っていましたし、想像すると「確かに良いかも!」と頷く反面、
「盛り上がっているときにそこまで部屋の環境を整えることって難しいような……」と思ってしまったのも本音です。

いいHをするためにはどうしたらいいのだろうか……といろいろと考えてみたのですが、やはり、「自分が一番リラックスできる状態でエッチをする」ことが理想形態なのかもしれません。
H前、お酒の飲むのも効果的

で、自分がリラックスできる状態になるには何が必要か?と考えたときに、
私の場合ですと、やはり「軽めにお酒を飲む」のが一番よかったなぁ。

これはアルコールだけの話ではなく、「自分に一番酔えた」ときこそ、気持ちとしての盛り上がりがマックスになれる気がするんですよね。
そしてそういうときのエッチほど「燃えたなぁ」と余韻に浸れる……。

互いに求めあうような情熱的なムードも“いいエッチ”だし、静かに淡々としている中でも愛情が垣間見えるのももちろん“いいエッチ”だし。

その「いいエッチの定義」や、感じ取り方は人によって変異するものであると思っているのですが、自分が何か「本の中での主人公」になれたような特別感を感じるエッチであるかどうかはとても大切であるような気がします。
次のページ>>環境を変えてみるのもオススメ
20 件

キーワード

あなたへのおすすめ