恋愛・結婚
恋と結婚に一生悩まなくなる!

Amy Okudaira【必ず幸せになる引き寄せ恋愛術】第57回『愛されている実感が欲しい人へ』

愛されていないと感じる本当の意味

「愛されたい」、「愛してくれたら幸せになれるのに」、「愛してくれたらもっと愛するのに」というのは、これと同じようなことをしようとしているわけです。

もし相手が「自分を見てくれない」、「構ってくれない」ということに悩んでいるのなら、それは、自分を大事にしていないサインであり、自分を受け入れていないというサインなのです。自分が自分の心を無視していたら、相手もあなたのことをちゃんと見てくれるはずはありません。

これは恋愛以外のこともそうですが、なにかを受け取ろうと思ったら、あなたがその思いであったり、波動を出していく、ということが先になってきます。

愛されたいのであれば、愛すること。愛の波動を発すること。愛するというのは、まず自分です。愛されたいなら、まず自分を全面的に受け入れて愛すること、そして、彼のことも心から愛することです。

彼のことは愛している、と思うかもしれませんが、愛するというのはその人に求めて返ってこなかったら不安や不満になる、という状態ではありません。見返りがなくても、その人を素敵だと思ったり、その人が幸せであったらいいなと思う気持ちです。たとえ、彼との関係が自分の思う通りにならなかったとしても、彼と出会えてよかった、彼を好きになれてよかったと思えている状態です。
次のページ>>「相手に満たしてもらおうと思うとうまくいかない!」  
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ