恋愛
男が考えるメンズ胃袋研究所
09.Apr.2018

松嶋啓介シェフ「“いい人がいない”が口癖の人」【第14回】

「誰かいい人いない?」こんなセリフが口癖の人っていませんか? そういう人に限って恋愛ブランクが空いているケースが多いんですよね。「いい人がいない」という人の周りには本当に“いい人”がいないのでしょうか? さっそく松嶋シェフに話を伺ってみましょう。
pattern_1

同じルーティーンじゃ出会えない

みなさま、こんにちは。
シェフの松嶋啓介です。

「いい人がいない」このセリフが口癖のようになってしまっている人っていますよね。
こう言われると、僕は決まってこう答えます。

「出歩きましょう!」

“出会いがない”と言う人は、自宅から会社、飲みに行くところ、遊ぶメンバーなど行動のすべてがいつも同じことが多い傾向があります。
いつものルーティーンを変え、コネクションやネットワークが増えれば、出会いは確実に増えます。

女性の「出会いがない」というのは、男性でいう「仕事が取れない」とよく口にする人と同じように思います。
“なかなか仕事が取れない”が口癖の人は、同じルーティーンで決まった枠から出ていないだけなのではないかと推測できます。
新規の会社へ営業に行っていますか?
同じ商品を売るとしても、違うアプローチで話をしていますか?

いつもの場所で同じように売っていても、人は“欲しい”という気持ちになりません。
別の場所で物を売ってみる。
もっと違う商品を売ってみる。
何か工夫をプラスしないと商売は成り立ちません。
恋愛も商売と同じ!
あなたの魅力を違う場所、新しい人へアピールしてみませんか?

結婚への出会いは非日常の行動の場合がカギ

実際に結婚した人に「どこで結婚相手に出会いましたか?」と聞いてみると、
・実家に帰った時に、元カノにバッタリ会って復活
・趣味で始めたフットサル場の受付の女性
・久しぶりに参加した同窓会で盛り上がったとき
このような感じで、自分のルーティーンを逸脱したときに、異性を“いいな”と感じることが多いようです。
日常的な生活の中だと慣れてしまい本当は素敵な男性がいたとしても、素敵にはなかなか写りづらい。だから、自分の枠を出てみると新鮮な目で見ることができるから異性として認識できるのではないでしょうか。

次のページ>>何かを捨てなければ新しいものは得られない?

26 件

キーワード

あなたへのおすすめ