恋愛
男が考えるメンズ胃袋研究所
19.Feb.2018

松嶋啓介シェフ「魔性の言葉『好きになったかもしれない』」【第7回】

「この話はしたくないな~」と言いながらも、withスタッフの熱烈なリクエストに応えてくれて渋々お話してくれた松嶋さん。今日は世界共通の“魔法の言葉”を教えてくださいました。良くも悪くも効いてしまう“魔法の言葉”。タイミングや使い方を間違わないためにも、よく読んでから実践してみましょう!
pattern_1
これは原宿のKeisuke Matsushimaのお店に飾られている、松嶋シェフがフランス政府から認定された農事功労章シュバリエの認定状。日本人がフランスで活躍を認められ、政府から認定されることはとても珍しいことなんです!


言われると誰もが意識する魔法の言葉

こんにちは。
シェフの松嶋啓介です。

この話は、本当はしたくなかったんですけどね・・・。
今回は特別にみなさまにお話ししましょう。

「言われると誰もが異性として意識してしまう」という魔性であり魔法の言葉があります。
それは・・・

「好きになったかもしれない」

「好きになったかもしれない」
こんなことを言われたら、誰だって
「あれ、俺に興味あるんだ・・・えっ?」ってなりますよね。

“俺のこと好きなのかな”
“かもしれない・・・って俺を男としてみているってこと?”

こんな感じで、この言葉を発せられた人は、あなたのことを嫌でも『異性』として意識してしまうことになるでしょう。
この効果は日本のみならず、世界共通。そして男女ともに有効なまさに魔法の一言。

考えてもみてください。
仕事仲間に突然こんな言葉言われたら、あなたならどう思います?
長年仲良かった男友達に言われたら、絶対に男として意識しますよね?

「好き」と言っているのではありません。
「好きになっちゃったかもしれない」
大切なのは「かもしれない」という、このあいまい感。
白でもなく、黒でもなく、グレーな状態。
あいまいではっきりしない分、自然と人は心を掴まれてしまうのです。

この言葉を使うときは、一緒の食事に行った後がオススメですね。
“美味しかった”という共通の価値を感じた後に、この言葉。
別れ際に言うのもいいですね。
あと、顔を見て伝える勇気がなければ、SNSでメッセージを送るのもいいでしょう。
「今日はご馳走様」
「美味しかったね~」
「ちょっと相談があるんだけど・・・」
「何?」
「好きになっちゃったかもしれない」

こんなやり取りをしたら、だれでも“おいおい、どういうことだ!!!”
ってなりますよね。

その後に「もう1回会わない?」
なんて誘ったら、断る人なんていませんよね。
これは心の底から苦手or嫌いな相手以外、すべての人に使える“ちょっとずるいテクニック”なんです。

憧れの人に自分を“女”として見てもらいたい。
絶対にこの人を振り向かせたい。

こんな時には切り出してみたい一言ですね。

次のページ>> 「言ったら最後、あとは相手に任せて」

31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ