恋愛
男が考えるメンズ胃袋研究所
07.May.2018

松嶋啓介シェフ「遠距離恋愛を成功させる方法」【第18回】

松嶋シェフのメンズ胃袋研究所。今回のお題は「遠距離恋愛」について。彼の転勤などで付き合い始めたときと状況が変わってしまうことは良くあること。遠距離恋愛は別れてしまう率が高いというウワサも多いですが、成功する遠距離恋愛はどのような秘訣があるのでしょうか? さっそく松嶋シェフに聞いてみましょう。

pattern_1

次に会う約束こそ成功の秘訣

こんにちは。
シェフの松嶋啓介です。

僕は20歳からフランスで料理の修業をしていたので、奥さんと付き合っているときも、そして結婚してからもしばらくは遠距離恋愛をしていました。

遠距離恋愛を成功させるポイントは、『次に会う約束』これに限ると思います。
遠距離恋愛でうまく行かない一番の原因は、近くに相手がいないことの“寂しさ”です。
いかにこの“寂しさ”を解消できるかが成功の秘訣。
そのためにも、『次に会う約束』が大切なのです。

別れ際の寂しさ、会えないときの寂しさは、次の約束があれば乗り越えることができます。
次に合うまでに○○をやっておこうというように、仕事や日常生活のモチベーションも上がり、お互いにいい時間を過ごすことができるのです。

次の約束がないと“寂しい”という気持ちばかり大きくなってしまいます。
僕の奥さんは独身時代にフライドアテンダントをしていたので、ヨーロッパに仕事で来ることも多く、フライトでオランダに来るときは、僕もオランダまで会いに行っていました。

寂しさを紛らわすマメな連絡

僕がフランスと日本で遠距離恋愛をしていたのは、今から約20年も前の話。
当時は遠距離恋愛でのコミュニケーション手段は、国際郵便と、とても料金の高い国際電話のみ。
修行中のわずかなお給料を数分の国際電話につぎ込むような生活をしていました。
それに比べ、今はLINE、SKYPE、メッセンジャーなど無料で便利なシステムがたくさんあります。
「おはよう」「おやすみ」そんな簡単な挨拶だとしても、相手を身近に感じるもの。
会えない時間はマメな連絡で埋めるのが最良の方法です。
あとは、「こんな素敵なレストランを見つけたよ、今度一緒に行こうね」というメッセージと一緒にお店のURLを送るのもいい作戦。次に会うことが楽しみになりますよね。

次のページ>>「自ら墓穴を掘る余計な心配&嫉妬」

20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ