恋愛
男が考えるメンズ胃袋研究所
07.May.2018

松嶋啓介シェフ「遠距離恋愛を成功させる方法」【第18回】

自ら墓穴を掘る余計な心配&嫉妬

遠距離恋愛において、一番やっていけないことは余計な心配と嫉妬です。
身近な女性へ気持ちが移るのではないか?
はたまた浮気をしているのではないか?

こういう余計な詮索や心配は、メッセージを開いたとたん嫌な気持ちしかしません。
ネガティブなメッセージのやり取りが男は大嫌いなのです。

またマメに連絡を取るには便利なSNSも、うまく活用しないと相手の嫉妬を駆り立てる道具になりかねません。
例えば、男友達との鍋パーティーの投稿。
日常の一コマなのかもしれませんが、それを見た男は誰もが嫉妬します。
女性も同じですよね。「俺がいなくても楽しそうだな・・・」これ以上失望する投稿はありません。そういうことが重なると、身近にいる他の女性が良く見えてくるのです

まれに相手の気持ちを試すように、わざと男に嫉妬をさせるような写真をアップしたり、LINEで送るような女性もいますが、遠距離恋愛では逆効果。
毎日のように会える距離で付き合っている人たちは、ちょっとの嫉妬がいい刺激になるケースもあります。
ですが、ただでさえコミュニケーションが不足しがちな遠距離恋愛では、不安や嫉妬こそが命取り。相手を試すようなことは自分で墓穴を掘るのと同じことなのです。

何よりも大切なのは相手への信頼

他の女と浮気しているかも?
羽目を外して遊びまくっているかも?

こんなことを想像し、相手を問い詰めても心の距離は開くばかり。
同じ時間と離れた距離があるのなら、どうせだったら相手を信頼してみませんか?
『信じること』って不思議なのですよ!
相手からの信頼って、魔法みたいに男を遊べなくさせるんです(笑)
信じてもらっているから裏切れない。この思いがあと一歩のところで踏みとどませるのです。ウソって思っても、これは本当にそう!
よっぽど悪い男以外、大切な女性を簡単に手放すようなことはしません。

会えない時間はお互いに成長できる時間。
男は仕事を成功させたり、女性は美を磨いたり。
会えない時間の充実も長続きの秘訣ではないでしょうか。

では、また来週会いましょう。
松嶋啓介

今週のオススメ

pattern_1
フランス料理といえば高級でヘビーなイメージですが、目指すのは原宿の社でホッとできる優しい味のフランス料理。身体と心に優しいフレンチをお楽しみください。
<前菜+メイン+デザート>のライトなディナーコース¥6800がいまなら¥5000(税金・サービス料別)
ご予約は https://goo.gl/2hPWh1
お電話(03-5772-2091)でも承ります。
http://keisukematsushima.tokyo/

SHOP DATA『KEISUKE MATSUSHIMA』

予約はレセプションデスク TEL03-5772-2091

・住所 東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F KEISUKE MATSUSHIMA

・営業時間 昼 11:30 ~ 15:00(LO 14:00)
夜 18:00 ~ 23:00(LO 21:00)※日曜日 LO 20:00

・定休日 無休
(年末年始休暇/その他臨時休業除く)

・最寄駅 千代田線:明治神宮前 5 番出口より徒歩10 分 山手線:原宿駅 竹下口より徒歩10 分

・オフィシャルHP http://keisukematsushima.tokyo/
・ニースの店舗はこちらをチェック https://keisukematsushima.com/
pattern_1

インタビュー・文/西村真紀 撮影/土屋崇治(松嶋さん)
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ